MacのGPU

GPU(Graphics Processing Unit)とは画像処理専用の演算装置です。

Macが搭載しているインテルのCPU(汎用の演算装置)はiGPU(CPUと統合されたGPU)を内蔵していますので、その意味ではすべてのMacがGPUを搭載しているとも言えます。

ただ現在、GPUと言った場合はiGPUでなくdGPU(CPUとは独立したGPU)を指す場合が多く、画像処理性能はiGPUよりdGPUのほうが圧倒的に上です。

この記事でのGPUとはdGPUを指します。

MacでGPUを何に使うのか?

CPUに統合されたiGPUはパソコンのデスクトップ画面を描画するには充分な性能があります。

それなのになぜCPUとは別にGPU(dGPU)を搭載してコストも消費電力も増やす必要があるのか?

Windowsであれば答えは明白で「ゲーム」です。

高解像度・高FPSでゲームを遊びたい、VR(仮想現実)ゲームをやりたい、などです。

しかし、Macには凝ったグラフィックのゲームがありません。

そもそもゲーム好きならMacでなくWindows PCを選ぶでしょう。

それでもMacで強力なGPUを必要とする理由は以下ではないでしょうか。

  • Boot CampでWindowsゲーム
  • 動画編集
  • 写真現像

MacでもWindowsアプリ(ゲームも含む)を使う方法がありますが、Windowsゲームを遊ぶならMacのハードウエア性能を最大限に使えるBoot Campです。

Boot CampのWindowでMacのGPUを使うためにはドライバが必要ですが、Boot Camp用のグラフィックドライバは以下で提供されています。 Apple Boot Camp Software Graphics Drivers

ちなみに2019年以前のMac向けのドライバは「Boot Camp Unified Driver」という名前になっています。

その名前からは各GPUの性能を最大限に引き出せないような感じがしますが、実際どうなんでしょうかね。。。

Macが搭載しているGPU

GPU 性能目安 搭載Mac
Radeon Pro 5700 XT
iMac 5K 2020 CTO
Radeon Pro 5700
iMac 5K 2020 CTO
Radeon Pro Vega 48
iMac 5K 2019 CTO
Radeon Pro 5500 XT
iMac 5K 2020 MXWV2J/A
Radeon Pro 5300
iMac 5K 2020 MXWU2J/A
iMac 5K 2020 MXWT2J/A
Radeon Pro 580X
iMac Pro 5K 2019 MRR12J/A
Radeon Pro 5600M
MacBook Pro 16 CTO
Radeon Pro 575X
iMac 5K 2019 MRR02J/A
Radeon Pro 580
GeForce GTX 1060iMac 5K 2017 MNED2J/A
Radeon Pro 570X
iMac 5K 2019 MRQY2J/A
Radeon Pro 5500M
MacBook Pro 16 MVVK2J/A
MacBook Pro 16 MVVM2J/A
Radeon Pro 5300M
MacBook Pro 16 MVVL2J/A
MacBook Pro 16 MVVJ2J/A

コメント