BootCampでWindows10をインストールする

BootCampインストーラーが完了しました。

Intel Macのみ

Intel Macでは標準サポートされているBootCampを使って誰でも簡単にWindows 10をインストールして使うことができます。

しかし、M1 MacではBootCampはサポートされていません。

M1 MacでWindowsを使う方法については以下の記事をどうぞ。

Windows 11はサポートされない

最新のWindowsはWindows 11です。

しかし、Boot CampはWindows 11をサポートしないため、BootCampで使えるのはWindows 10までです。

BootCampでなくParallels DesktopであればWindows 11をサポートしています。

Windows 10のISOファイル

BootCampでWindows 10をインストールするにはまずISOファイルをダウンロードします。

たとえUSB版のWindows 10を購入してもこの手順は必要です。

ダウンロードページの「エディションの選択」で「Windows 10 (multi-edition ISO)」を選択して「確認」をクリックします。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

「製品の言語の選択」で「日本語」を選択します。

製品の言語の選択

BootCampでは32bitはサポートされないため、「64bitダウンロード」をクリックします。

ダウンロード

ダウンロードフォルダに「Win10_21H2_Japanese_x64.iso」のようなファイル名でISOファイルがダウンロードされます。

BootCampアシスタント

Intel Macに標準でインストールされている「BootCampアシスタント」を起動します。

BootCampアシスタント

「続ける」をクリックします。

BootCampアシスタント

「続ける」をクリックするとWindows ISOファイルの選択画面になりますので、ダウンロードしたISOファイルを指定します。

BootCampパーティションのサイズ(Windowsのストレージ容量)は最低30GB必要です。

BootCampアシスタント

「インストール」を押下すると処理が始まります(かなり時間がかかります)。

古いMac(2012年以前のMacPro、2014年以前のMacBook Pro、MacBook Air、iMac)ではここで16GB以上のUSBメモリを挿入するように指示されます。

BootCampアシスタントの処理が終了すると自動的にmacOSが終了し、BootCampパーティションで再起動します。

Windowsインストーラー

BootCampパーティションで起動すると自動でWindows 10のインストールが始まります。

「Windowsのライセンス認証」画面が表示されたら、Windows 10のプロダクトキー(以下から購入できます)を入力します。

「インストールするオペレーティングシステムを選んでください」の画面では購入したプロダクトキーによって「Windows 10 Home」か「Windows 10 Pro」を選択します。

Windowsのインストール中は画面解像度がおかしかったり、Wi-Fi(無線ネット)の接続ができなかったりする場合があります。

この段階ではBootCampのドライバがインストールされていないためなので、無視してWindowsのインストールを進めます。

BootCampインストーラー

Windowsが起動すると自動的に「BootCampインストーラー」が起動するので「インスール」をクリックします。

BootCampインストーラー

「完了」をクリックするとWindowsが再起動し、BootCampドライバのインスールが完了します。

BootCampインストーラーが完了しました。

Apple Software Update

Windowsのスタートメニューから「Apple Software Update」を選択します。

Apple Software Update

「XXX項目をインストール」をクリックし、BootCampインストーラーがインストールしたドライバを最新にします。

アップルから新しいソフトウェアを入手できます。

BootCamp用のAMDグラフィックスドライバ

AMDグラフィックを搭載している以下のMacではApple Boot Camp Software Graphics DriversからBootCamp用のグラフィックドライバをインストールします。

コメント

  1. BlueCero より:

    DVDインストールディスクがあればUSBメモリーへはBoot Camp用のWindowsドライバーのみ書き込ませるとパーティション作成後Windows installerが立ち上がります。
    わざわざ、Microsoftのサイトへ行ったり、イメージファイルを作成する必要もありません。

  2. 匿名 より:

    セットアップしていますの画面が出るとMacが落ちてしまいます

  3. lkjkl より:

    この記事内容が古くないですか?
    記事をいつの時点の情報に基づいて作成されたのか、冒頭に書いてください。

タイトルとURLをコピーしました