Intel MacでChromeOS Flexを使う

Chromium OS

ChromeOS FlexのMac対応

ChromeOS FlexとはChromebookに搭載されているChrome OSのオープンソース版です。

MacやWindows PCに無料で使えます。

M2 MacやM1 Macはダメ

ChromeOS FlexがサポートするCPUはIntel/AMDのみのため、M2 MacやM2 Macではダメです。

それでも、M2 / M1でIntel CPUをエミュレーションすればChromeOSを動かしてみることはできます。

ただし、M1/M2でもChromeOS Flexが動いた、というだけで実用性はありません。

Intel Macの認定モデル

Intel CPUを搭載しているIntel Macなら基本的に使えるはずですが、開発元のGoogleが動作保証しているのはChromeOS Flexの認定モデルリストにある以下のMacのみです。

  • iMac 21.5インチ Mid 2010
  • iMac 21.5インチ Mid 2011
  • Mac mini Late 2014
  • MacBook 13インチ Mid 2010
  • MacBook Air 11インチ Mid 2012
  • MacBook Air 11インチ Mid 2013
  • MacBook Air 11インチ Early 2014
  • MacBook Air 13インチ 2017
  • MacBook Air 13インチ Early 2015
  • MacBook Pro 13インチ Mid 2012
  • MacBook Pro Retina 15インチ Late 2013)

古いIntel Macばかりですが、新しめのIntel Macではキーボードやトラックパッドが動作しないようです。

ただ、たとえ認定モデルのMacでも後述のParallels Desktopでインストールするのがおすすめです。

通常の方法でChromeOS FlexをインストールするとmacOSが消去されて使用不能なるためです(ChromeOS Flexはマルチブートをサポートしません)。

Parallels Desktopで使う

では、認定モデル以外のMacではChromeOS Flexは使えないのか?

答えはNOです。

Parallels Desktopを使えば、認定モデル以外でもChromeOS Flexを使えます。

ChromeOS Flexのブートデバイスを作成する

MacにChromeブラウザがインストールされていなければインストールします(Safariではダメです)。

ChromeブラウザにChromebookリカバリ ユーティリティ拡張機能を追加し、起動します。

Macにデータを消去してもかまわない8GB以上のUSBメモリかSDカードを接続し、「始める」をクリックします。

Chromebookのリカバリメディアの作成

「リストからモデルを選択」をクリックします。

リストからモデルを選択

「メーカー」として「Google Chrome OS Flex」、「製品」として「Chrome OS Flex」を選択し、「続行」をクリックします。

Chromebookの識別

「使用するメディア」が接続したUSBメモリかSDカードになっていることを確認し、「続行」をクリックします。

USBフラッシュドライブまたはSDカードの挿入

「今すぐ作成」をクリックするとブートデバイスの作成が始まります。

リカバリイメージの作成

「完了」をクリックするとブートデバイスの作成は終了です。

リカバリメディアの作成が完了しました

Parallels Desktopの仮想マシンを作成する

Parallels Desktopを起動し、「ファイル」-「新規」メニューを選択します。

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択し、「続行」をクリックします。

DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール

「ソースなしで続行する」をチェックし、「続行」をクリックします。

ソースなしで続行する

オペレーティングシステムとして「その他」-「Chromium OS」を選択し、「OK」をクリックします。

Chromium OS

適当な名前(下図では「ChromeOS Flex」)を入力し、「インストール前に構成をカスタマイズする」にチェックして「作成」をクリックします。

インストール前に構成をカスタマイズする

「ハードウェア」-「CPUおよびメモリ」を選択し、「メモリ」を「4096MB」に設定します。

CPUおよびメモリ

「グラフィック」を選択し、「メモリ」を「自動(推奨)」に設定します。

グラフィック

「マウスとキーボード」を選択し、「マウス」を「ゲームに最適化する」に設定します。

マウスとキーボード

「ブード順序」を選択し、「外部デバイス」と「ハードディスク」のみにチェックし、「外部デバイス」をブート順序の先頭にします。

「外部ブートデバイス」は作成したChromeOS Flex用のブートデバイスにします。

マウスとキーボード

「構成」画面を閉じ、「仮想マシン構成」画面で「続行」をクリックするとParallels Desktopの仮想マシンが作成したブートデバイスからブートします。

仮想マシン構成

仮想マシンにChromeOS Flexをインストールする

ブートデバイスからChromeOS Flexが起動します。

ChromeOS Flex画面でクリックするとマウスカーソルが画面の外に出せなくなりますが、^ control + ⌥ optionを押すと再び画面の外に出せるようになります。

「ChromeOS Flexのご利用開始」画面で「ChromeOS Flexをインストールする」を選択し、「次へ」をクリックします。

ChromeOS Flexをインストールする

「ChromeOS Flexをインストールするとデバイスのデータはすべて上書きされます」と警告が表示されますが、インストール先はMacではなくParallels Desktopの仮想マシンですので「ChromeOS Flexをインストール」をクリックします。

ChromeOS Flexをインストールするとデバイスのデータはすべて上書きされます

再度、「ChromeOS Flexをインストールしてデバイスのハードドライブのデータを消去しますか?」と警告が表示されます。

上記と異なる手順でブートしているとMacのハードドライブ(SSD)のデータが消去される可能性もありますので自己責任で「インストール」をクリックするとインストールが始まります。

ChromeOS Flexをインストールしてデバイスのハードドライブのデータを消去しますか?

「インストールが完了しました」画面が表示されたら「終了」をクリックして仮想マシンをシャットダウンします。

「終了」でシャットダウンせずに放置すると、再度ブートデバイスからブートしてしまうため注意が必要です。

インストールが完了しました

ブートデバイスを取り外し、Parallels Desktopの「構成」画面の「ハードウェア」-「ブート順序」を選択します。

「外部デバイス」のチェックを外して、「ハードディスク」をブート順序の先頭にします。

ブート順序

「構成」画面を閉じるとParallels DesktopのChromeOS Flexが使えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました