M2 MacやM1 MacでChromeOS Flexを動かす

ChromeOS Flex

ChromeOS Flexとは

Chrome OSとはChromebookやChromeboxなどのChromeデバイスのOSです。

macOSをMac以外にインストールできないのと同様、Chrome OSもChromeデバイス以外にはインストールできません。

そのChrome OSのオープンソース版でChrome OSデバイス以外に自由にインストールできるのがChromeOS Flexです。

ただし、サポートされているCPUはIntel/AMDのx86/x64のみです。

Chrome OS Flexの認定モデルリストにもIntel Macはありますが、M2 MacやM1 Macはありません。

しかも、Intel Macもかなり古い機種しかリストされていません(新しめのIntel Macではキーボードとトラックパッドに問題があるようです)。

そのため、MacでChromeOS Flexを使うならIntel Mac(新しめの機種でもOK) + Parallels Desktopがおすすめです。

UTMでIntel CPUをエミュレートする

ではM2 MacやM1 MacでもWindows 11が使えるParallels DesktopならChromeOS Flexを使えるでしょうか。

答はノーです。

Parallels DesktopにIntel CPUのエミュレーション機能は無いためです。

しかし、「UTM」という仮想化ソフトを使うとM2 MacやM1 MacでIntel CPUをエミュレートし、ChromeOS Flexを動かすことはできます。

ただ、速度が遅く実用性は低いです。

まあ、Chrome OSを実用したければChromebookを買いましょう。

Macbookに比べれば大変お安いですから……

ChromeOS Flexのイメージをダウンロードする

ChromeOS Flexのインストールでは本来、Chromebook リカバリ ユーティリティでインストール用のUSBメモリかSDカードを作成します。

しかし、UTMの仮想マシンはUSBメモリからもSDカードからもブートできません。

そのため、ChromiumのサイトからChromeOS Flexのイメージをダウンロードします。

Create a New Virtual Machine

ダウンロードしたファイルをZIP解凍して「chromeos_XXXXX.X.X_reven_recovery_dev-channel_mp-v2.bin」を取り出します。

UTMで仮想マシンを作る

UTMを公式サイトからダウンロードしてMacにインストールします。

UTMを起動し、「Create a New Virtual Machine」をクリックします。

Create a New Virtual Machine

亀のアイコンでかつ「Slower」などと書かれていますが、M1 MacでIntel CPUをエミュレートさせるためには「Emulate」をクリックするしかありません。

Emulate

「Other」をクリックします。

Other

ChromeOS FlexのISOイメージは提供されていないため、「Skip ISO boot」をチェックし、「Continue」をクリックします。

Skip ISO boot

「CPU Cores」を「4」にして「Continue」をクリックします。

CPU Cores

「Storage」と「Shared Directory」は特に変更せず、そのまま「Continue」をクリックします。

Storage
Shared Directory

「Name」に適当な名前(下図では「ChromeOS Flex」)を入力し、「Open VM Settings」をチェックして「Save」をクリックします。

Shared Directory

「System」の「Force Multicore」をチェックします。

Force Multicore

「QEMU」の「UEFI Boot」と「RNG Device」のチェックを外し、「Use local time for base clock」をチェックします。

QEMU

「Display」の「Emulated Display Card」を「virtio-ramfb-gl (GPU Supported)」にチェックします。

Display

「New Drive」をクリックします。

New Drive

「Import」をクリックし、先程ダウンロードして解凍した「chromeos_XXXXX.X.X_reven_recovery_dev-channel_mp-v2.bin」をインポートします。

Import

「Move Up」をクリックして「chromeos_XXXXX.X.X_reven_recovery_dev-channel_mp-v2.bin」のIDEドライブを先頭に移動し、「Save」をクリックして保存します。

IDE Drive

ChromeOS Flexをインストールする

UTMの画面でをクリックするとChromeOS Flexのブートドライブ(chromeos_XXXXX.X.X_reven_recovery_dev-channel_mp-v2.bin)が起動します。

ブードライブから

UTMのウインドウタイトルバー右の「Capture mouse cursor」アイコンをクリックするとUTMウインドウ内でマウスカーソルが見えるようになります。UTMウインドウの外にマウスカーソルを出すには⌥ option + ⇧ shift + ^ controlを押します。

「No, continue without ChromeVox」をクリックします。

No, continue without ChromeVox

「言語」と「キーボード」に「日本語」を選択して「OK」をクリックします。

言語とキーボードの選択

「ChromeOS Flexをインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。

ChromeOS Flexのご利用の開始

「ChromeOS Flexをインストール」をクリックします。

ChromeOS Flexのご利用の開始

「ChromeOS Flexをインストールしてハードドライブのデータを消去しますか?」と聞かれますが、Macのハードドライブが消去されるわけではありません。消去されるのはUTMの仮想ドライブなので「インストール」をクリックします。

ChromeOS Flexのご利用の開始

インストールドライブを削除する

仮想マシンへのChromeOS Flexのインストールが終わったらUTMの画面右上の設定アイコンをクリックして設定画面を開きます。

UTMの設定アイコン

「Drives」の先頭の「IDE Drive」を選択し、「Delete Drive」をクリックして削除します。

削除したら「Save」をクリックして保存します。

Delete Drive

インストールしたChromeOS Flexを起動する

UTMの画面でをクリックすると仮想マシンにインストールされたChromeOS Flexが起動します。

ブードライブからChromeOS Flex

コメント

タイトルとURLをコピーしました