BootCampのAlt、Windowsキー、半角/全角、変換

BootCampのキーボード割り当て

BootCampとは

BootCampとはIntel MacでWindowsを使える方法の1つです。

Intel Macに標準でインストールされている「BootCampアシスタント」でWindowsをインストールします。

BootCampではM1 Macではサポートされないため、M1 MacでWindowsを使うなら他の方法になります。

スポンサーリンク

Windows独自キーの割り当て

BootCampではWindows PCのキーボードにしかないキーを以下のようにMacのキーボードにマッピングしています。

BootCampのキーボード割り当て
Windows独自キー Macのキー
Win
Alt
BSDelete
半角/全角caps
caps + caps
無変換英数
変換かな
Deletefn + delete
Insertfn + enter
Homefn +
Endfn +
Page Upfn +
Page Downfn +
Print Screenfn + + F11
Scroll Lockfn + + F12
Menu + F10
Pausefn + esc
カタカナ・ひらがななし

このマッピングは左手小指で^(control)を押しながら(Macだと左手親指でを押しながら)コピペなど、Macユーザーにとってはいろいろ違和感があります。

Parallels Desktopならキーマッピングを柔軟にカスタマイズできるのですが……

かなキーと英数キーで日本語入力をON/OFFする

かな/英数でIMEをON/OFFしているMacユーザーにとって日本語入力(IME)のON/OFFがcapsというのはキツいと思います。

そのため、Windowsでもかな/英数でIMEをON/OFFするように設定するのがおすすめです。

スポンサーリンク

F1~F12をファンクションキーに割り当てる

BootCampのデフォルトではF1~F12はディスプレイの輝度調整や音量調整などに割り当てられています。

macOSでは特定アプリ以外はほとんどファンクションキーを使わないのでそれでもいいのですが、Windowsではファンクションキーを使いまくります。

そのため、以下のようにF1~F12をファンクションキーに割り当てると便利です。

  1. WindowsのタスクバーのBootCampアイコン(ひし形のアイコンです)をクリックします。
  2. 「BootCampコントロールパネル」の「キーボード」タブを選択します。
  3. 「F1-F12キーを使用してソフトウェアの機能をコントール」にチェックします。
  4. 「OK」を押下します。

この設定をするとディスプレイの輝度調整や音量調整などはfnF1~F12の同時押しが必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました