Macの英数キーとかなキーでWindowsの日本語入力をON/OFFする

Mac

MacでWindowsを使う場合にMacキーボードの"英数かなで日本語入力をON/OFFするにはどうしたらいいでしょうか。

標準の日本語入力ON/OFF

日本語入力のON/OFFは標準では以下のようになっています。

日本語入力OFF 日本語入力ON
Mac 英数かな
Windows PC 半角/全角でトグル
Boot Camp
Parallels Desktop
capsでトグル

Windows PCではキーボード左上の半角/全角で日本語入力のON/OFFをトグルします。

MacでWindowsを動かす場合、Macキーボードには半角/全角がないため、Boot CampでもParalles Desktopでもcaps半角/全角に割り当てているようです。

しかし、Macキーボード左下のcapsは打ちづらいです。

さらにトグルによるON/OFFでは現在ONなのかOFFなのかを常に意識する必要もあり、Macユーザーなら英数かなでON/OFFしたいところです。

スポンサーリンク

MS-IMEの場合

日本語入力にWindows標準のMS-IMEを使っている場合は以下のように設定します(Boot CampでもParallels Desktopでも同じです)。

「Windowsの設定」画面で「時刻と言語」をクリックします。

Windowsの設定

画面左側の「言語」をクリックし、画面右側の「日本語」の「オプション」をクリックします。

言語

「言語のオプション:日本語」画面で「Microsoft IME」の「オプション」をクリックします。

言語のオプション:日本語

「Microsoft IME」画面で「キーとタッチのカスタマイズ」をクリックします。

Microsoft IME

「キーとタッチのカスタマイズ」画面で「各キーに好みの機能を割り当てる」をONにし、「無変換キー」に「IME-オフ」を「変換キー」に「IME-オン」を割り当てます。

キーとタッチのカスタマイズ
スポンサーリンク

Google日本語入力の場合

Google日本語入力の場合もBoot CampとParallels Desktopで同じです。

「Google日本語入力 プロパティ」画面で「キー設定の選択」の「編集」をクリックします。

Google日本語入力 プロパティ

「Google日本語入力 キー設定」画面で「コマンド」をクリックし「IME無効化」を先頭にします。

「コマンド」が「IME無効化」の入力キー「Hankaku/Zenkaku」をクリックします。

Google日本語入力 キー設定

「Google日本語入力 バインディグ設定」画面で「英数」を押すと「割り当てるキーの入力:」に「Muhenkan」と入力されます。

入力されたら「OK」をクリックします。

Google日本語入力 バインディグ設定

上記の操作を繰り返し、「IMEを無効化」コマンドの入力キーをすべて「Muhenkan」にします。

Google日本語入力 キー設定

「Google日本語入力 キー設定」で「入力キー」をクリックし、入力キーが「Muhenkan」で「IMEを無効化」になっていないコマンドをクリックします。

Google日本語入力 キー設定

すべての「入力キー」の「Muhenkan」を「IMEを無効化」に変更して「OK」をクリックします。

Google日本語入力 キー設定
スポンサーリンク

Boot CampでMagic Keyboardを使う場合

Magic KeyboardとはApple純正の外付けキーボードです。

iMacにも付属しています。

このMagic KeyboardはBoot Campで使う場合、Bluetooth接続すると英数かなが認識されません。

そのため、Boot CampでMagic Keyboardで使う場合はBluetoothでなく、LightningケーブルでUSB接続する必要があります。

また、Magic Keyboardにはテンキー付もあります。

テンキー付きMagic KeyboardではたとえUSB接続しても英数かなが認識されません。

Parallels Desktopであればテンキー付きのMagic KeyboardでもテンキーなしのMagic Keyboardでも英数かなは問題なく使えます。

【10%OFF】Parallels Desktop 16 for Mac
Parallels Inc.
クーポンコード「D75-M6L-CCJ」で10%オフ

コメント