SurfaceとMacBookの比較

Surface Pro 6

アップルのMacBookが人気なのはやはりその品質と信頼性です。

玉石混交のWindowsパソコンを選ぶのは簡単ではありませんが、MacBookならどれを買っても間違いはありません。

もし、WindowsパソコンでMacBookのような「どれを選んでも間違いがない」ブランドを挙げるとしたら、マイクロソフトのSurfaceです。

SurfaceはWindows OSを開発しているマイクロソフトのパソコンだけあり、さすがに高品質のモデルしかありません。

品質で信頼性でSurfaceとMacBookに絞り、最終的にどちらにするかで迷っている人も多いのではないでしょうか。

下火になったWindowsかMacかという論争

SurfaceとMacBookはそもそもOS(オペレーティング・システム)が違います。

もちろん、前者がWindows OSで後者がMacOSです。

ご存知の通り、市場ではWindowsが圧倒的なシェアを占めます。

にもかかわらず、太古の昔からWindowsかMacかという論争が繰り広げられて来ました。

しかし、いわゆる定番アプリのマルチプラットフォーム化が進んだことで、論争は下火になっています。

特に定番中の定番であるマイクロソフトOfficeのMac版とWindows版が統合され同じものが使えるようになった影響は大きかったと思われます(Office 2016の登場以前、OfficeのMac版とWindows版は異なるものでした)。

つまり、WindowsかMacかはどうでもよい時代になっています。

まあ、現在のWindowsはタブレット機能取り込みで使いづらいため、UI(ユーザーインターフェース)ならMacのほうが使いやすいとは思いますが。

形状のラインナップ

Surfaceは「タブレットとしてもパソコンとしても使える」が売り。

MacBookにはタブレット機能はなく、アップルは「MacOSとiOS(タブレットと別)」というスタンスです。

この違いは形状のラインナップの違いに現れています。

Surface Mac
クラムシェル Surface Laptop 2 MacBook
MacBook Pro
MacBook Air
2in1 Surface Go
Surface Pro 6
Surface Book 2
一体型デスクトップ Surface Studio 2 iMac
分離型デスクトップ Mac mini

特にタブレットとしてもパソコンとしても使える2in1が必要であればMacBookには選択肢がありません。

クラムシェルのSurface Laptop 2

2in1やミニPCでなく「普通のノートパソコン」としてMacBookと比べるならSurface Laptop 2です。

Surface Laptop 2はSurfaceシリーズで唯一、MacBookと同じクラムシェル型(貝殻のように開くタイプ)です。

ミニPCのSurface Go

Surface Goは「まともに使える」ミニPCです。

小さくて軽いだけのミニPCはSurface Goの他にもあるのですが、キーボードがちゃんと打てなかったり信頼性に疑問が残るいわゆる「キワモノ」が多いです。

そんな中、まともに使える数少ないミニPCがSurface Goです。

また、キーボードを取り外してタブレットとしても使うことができます(ただし、タブレットとしての使い勝手はiPadに到底かないませんが)。

MacにはSurface Goに該当するモデルはありません。

大型2in1のSurface Pro 6

12.5インチと大型のタブレットとしてもSurface Pro 6です。

Surfaceペンで手書きもできます。

Surfaceと聞くとこのSurface Pro 6を思い浮かべる人は多いかと思いますが、MacBookと直接競合するのはこれでなく前述の通り、Surface Laptop 2です。

GeForce内蔵のSurface Book 2

GPUとしてGeForceを搭載したのがSurface Book 2です。

一応、Surface伝統の2in1ですが、GPUはキーボードに内蔵されているためキーボードを分離するとGPU無しとなってしまいます。

MacBookには強力なGPUを搭載したモデルはありません。

マイクロソフトOfficeはSurfaceよりMacが有利

意外にもマイクロソフトOfficeはSurfaceよりMacが有利です。

SurfaceにはOfficeが付属しているのですが、これが永続ライセンスのOffice Home and Business 2016なのです。

Officeには大きくサブスクリションと永続ライセンスがありますが、永続ライセンスよりサブスクリションのほうが遥かにメリットがあります。

サブスクリションOfficeは教育機関向けなどいろいろな種類がありますが、一般向けはOffice 365 Soloです。

Office 365 Solo
マイクロソフト

しかし、SurfaceでOffice 365 Soloを使うと付属のOffice 2016のライセンスが無駄(付属のOfficeライセンスは別のPCで使うことはできません)になってしまいます。

Officeが付属しないMacであればサブスクリプションのOffice 365 Soloを無駄なく使えるという、奇妙な状況になっています。

コメント