SurfaceとMacBookの比較

アップルのMacBookが人気なのはやはりその品質と信頼性です。

玉石混交のWindowsパソコンを選ぶのは簡単ではありませんが、MacBookならどれを買っても間違いはありません。

もし、WindowsパソコンでMacBookのような「どれを選んでも間違いがない」ブランドを挙げるとしたら、マイクロソフトのSurfaceです。

SurfaceはWindows OSを開発しているマイクロソフトのパソコンだけあり、さすがに高品質のモデルしかありません。

品質と信頼性でSurfaceとMacBookに絞り、最終的にどちらにするかで迷っている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下火になったWindowsかMacかという論争

SurfaceとMacBookはそもそもOS(オペレーティング・システム)が違います。

もちろん、前者がWindows OSで後者がmacOSです。

ご存知の通り、市場ではWindowsが圧倒的なシェアを占めます。

にもかかわらず、太古の昔からWindowsかMacかという論争が繰り広げられて来ました。

しかし、いわゆる定番アプリのマルチプラットフォーム化が進んだことで、論争は下火になっています。

とくに定番中の定番であるマイクロソフトOfficeのMac版とWindows版が統合され同じものが使えるようになった影響は大きかったと思われます(Office 2016の登場以前、OfficeのMac版とWindows版は異なるものでした)。

つまり、WindowsかMacかはどうでもよい時代になっています。

まあ、現在のWindowsはタブレット機能取り込みで使いづらいため、UI(ユーザーインターフェイス)ならMacのほうが使いやすいとは思いますが。

最新MacBookではBoot Campが使えない

現在、MacBookをBoot CampでWindowsノートパソコンとして使っている人はたくさんいると思います。

しかし、最新のApple M1チップ搭載のM1 MacBookではBoot CampでWindowsが使えなくなってしまいました。

将来、ARM版のWindowsが一般販売されることで使える可能性もあるのですが、少なくとも現在のM1 MacBookではBoot Campは使えません。

M1 MacBookでもParallels Desktopを使ってmacOS上でWindowsを動かすことはできますが、それはあくまでmacOSとWindowsを同時に使うイメージです。

そのため、最新のMacBookでは電源ONでWindowsが起動するWindowsノートパソコンとして使うことできません。

スポンサーリンク

SurfaceはOffice Home and Business 2019搭載

SurfaceにはマイクロソフトOffice(Office Home and Business 2019)が付属しています。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

マイクロソフトOfficeもSuraceも同じマイクロソフトが開発・販売しているため、社内から安く調達しているのだと思います。

そのため、マイクロソフトOfficeの価格も含めて考えるとMacBookよりSurfaceのほうが有利です。

ラインナップの違い

Surfaceは「タブレットとしてもパソコンとしても使える」が売り。

MacBookにはタブレット機能はなく、アップルは「タブレット(iPad)とパソコン(Mac)は別」というスタンスです。

この違いはラインナップの違いに現れています。

形状 用途 Surface Mac
クラムシェル モバイル Surface Laptop GoMacBook Air
モバイル/据え置き Surface Laptop 4MacBook Pro
2in1 モバイル Surface Go 2
モバイル/常時LTE接続 Surface Pro X
モバイル/据え置き Surface Pro 7
dGPU搭載 Surface Book 3
一体型デスクトップ Surface Studio 2iMac
分離型デスクトップ Mac mini

UMPCのSurface Go 2

Surface Go 2は「まともに使える」UMPC(ウルトラモバイルPC)です。

小さくて軽いだけのUMPCはSurface Go 2の他にもあるのですが、キーボードがちゃんと打てなかったり信頼性に疑問が残るいわゆる「キワモノ」が多いです。

そんな中、まともに使える数少ないUMPCがSurface Go 2です。

また、キーボードを取り外してタブレットとしても使うことができます。

ただし、タブレットとしての使い勝手はiPadに到底かないませんが。。。

MacにはSurface Go 2に該当するモデルはありません。

常時LTE接続のSurface Pro X

Surface Xはスマホと同じ常時LTE接続が可能で、たとえ外出先でも何も考えずにインターネットに常時接続できます。

CPUもスマホと同様のARM CPUが採用され、WOA(Windows On ARM)によって通常のWindowsプログラムをARM命令に変換して実行(この仕組はM1 MacのRosseta 2と同じです)する異色のSurfaceです。

13インチの大型のタブレットとしても使えます。

常時LTE接続可能なMacは存在しません。

大型2in1のSurface Pro 7

12.5インチと大型のタブレットとしても使えるのがSurface Pro 7です。

Surfaceペンで手書きもできます。

Surfaceと聞くとこのSurface Pro 7を思い浮かべる人は多いかと思いますが、MacBookと直接競合するのはこれでなく前述の通り、Surface Laptop 4です。

GeForce内蔵のSurface Book 3

GPUとしてNVIDIA GeForce GTX 1650を搭載したのがSurface Book 3です。

一応、Surface伝統の2in1ですが、GPUはキーボードに内蔵されているためキーボードを分離するとGPU無しとなってしまいます。

MacBookで強力なGPUを搭載しているのはMacBook Pro 16です。

MacBook Pro 16 型番 GPU
CTO Radeon Pro 5600M
MVVK2J/A
MVVM2J/A
Radeon Pro 5500M
MVVL2J/A
MVVJ2J/A
Radeon Pro 5300M

クラムシェルは迷う

クラムシェルとは貝殻のように開くタイプのノートパソコンです。

MacBookもクラムシェルです。

2in1のタブレット機能が必要ならMacBookの選択肢はないので迷うことはありませんが、クラムシェの購入を考えているならSurface LaptopかMacBookか迷うところです。

昔は「MacBookならmacOSもWindowsも使えるがSurfaceはWindowsしか使えない」と言えたのですが、前述のように最新MacBookではそれが言えなくなってしまいました。

Surface Laptopのラインナップもモバイル向けのMacBookにAirに対抗して(?)Surface Laptop Go、

MacBook Proに対応して(?)Surface Laptop 4がラインナップされています。

【4月15日発売】Surface Laptop 4
マイクロソフト
Office Home & Business 2019
最新の第11世代Intel Core or AMD Ryzen 4000シリーズ
90日間無償テクニカルサポート / 60日間返品無料

コメント