MacでもWindowsでも使えるおすすめアプリ

Google日本語入力

プライベートではWindowsからMacへ移行したのですが、職場ではまだまだWindowsです。

つまり、MacもWindowsも使っています。

そのため、Windowsでしか使えないアプリ、Macでしか使えないアプリは避け、MacでもWindowsでも使えるアプリを選ぶようにしています。

その中でもおすすめのアプリをまとめてみます。

ただし、それは結局、有名で定番のアプリということになるのですが。

なぜなら、マイナーなアプリならMacにもWindowsにも対応するための開発コストなんてかけられないでしょうから。

日本語入力

Macの最新OSであるEl Capitan標準の日本語入力は遅い、重い、という問題を抱えています。

日本語入力しているうちにどんどん遅く、重くなるのですが、現状では根本的な解決方法はないようです。

また、Windows標準のMS-IMEは相変わらずの低い変換精度、かつMacとは漢字変換のための操作体系が異なります。

この日本語変換の操作体系の違いはMacとWindowsの両方を使う人にとって悩みのタネの1つです。

Google日本語入力

こうした問題を完璧に解決するのが「Google日本語入力」です。

日本語辞書はWEBから収集

最大の特徴は日本語IMEの要である日本語辞書がWEBから収集されていることです。

そのため、ことえりやMS-IMEではよくある、変換したい候補がなかなか出てこないことがGoogle日本語入力ではほとんどありません。

的確な変換予測でタイピング速度が上がる

変換予測とは例えば、「よろ」と入力した段階で、変換候補として「よろしくお願い致します。」や「よろしいでしょうか。」などが提示されることです。

変換予測が当たれば、変換候補を選ぶだけで「よろ」以降の文字をタイピングする必要がなくなるため、結果的にタイピング速度は速くなります。

この機能はMS-IMEにもあるのですが、予測される変換候補がなかなか当たりません。

そのため、結局全文をタイピングしなければならない場合がほとんどでタイピング速度の向上につながりません。

Google日本語の変換予測が的確なのは辞書がWEBから収集されているからかもしれません。

無料で使える

Google日本語入力は無料で提供されています。

有名なIMEであるATOKは多彩な辞書が用意されて使いやすいのですが有料です。


ATOK 2017 for Mac 【ベーシック】 |ダウンロード版

MacとWindowsの両方で使える

Google日本語入力はMac、Windows、Androidで使えます。

漢字変換のためのキーアサインはWindowsのMS-IME互換にも、Macのことえり互換にも、ATOK互換にも設定できます。

ブラウザ

Macの標準ブラウザはSafari、Windowsの標準はEdgeとIEです。

MacとWindowsで異なるブラウザでブックマークなどを共有したい。

そんな場合におすすめアプリが2つあります。

Chrome

Chrome(クローム)はパソコン向けではトップシェア(シェア2位はIE)を持つブラウザです。

GoolgeアカウントでChromeブラウザにログインするとChomeがインストールされたMacとWindowsでブックマークを共有できます。

さらにAndroidとiOSでもブックマークを共有することができます。

ブラウザとはインターネットを閲覧するためのソフトウエアです。パソコン、スマホ、タブレットには「標準」のブラウザがあらかじめインストールされています。しかし、世の中にはいろいろなブラウザがあります。ブラウザの比較表2017年1月の国内シェアト

Windows用iCloud

WindowsにiCloudをインストールするとMacのSafariとIEとの間でブックマークを同期することができます。

ただし、残念ながらWindowsのもう1つの標準(?)ブラウザであるEdgeのブックマークは同期できません。

8.1以降のWindowsには複数のWindows PC間でIEのお気に入りを同期/移行できる機能があります。 しかし、Win...

ワープロ(文書作成)

Word

せっかくのMacだからPagesで文書を作りたいところですが、職場で使っているWordとの互換性が完全ではないためできません。

まだまだ、Wordは必要です。

昔はMac用とWindows用で別々のWordを購入しないといけなかったのですが、Office 365 Soloの登場で、そんな無駄な出費は不要になりました。

Office 365 SoloとはマイクロソフトOfficeもすべての最新アプリ(当然、WordもExcelも含まれます)を2台までのMacかWindowsで使える、という契約です。

このOffice 365 SoloのおかげでMacとWindowsの両方でマイクロソフトOfficeを使うことが費用的にも現実的なものになりました。

表計算

Excel

せっかくのMacだからNumbersを使いたいところですが、職場で使っているExcelとの互換性が完全ではないためできません。

まだまだ、Excelは必要です。

なんだか同じ文章を繰り返している気もしますが・・・。

そもそも、ExcelはMac用として開発されたアプリで、Windows用のExcelのほうが邪道といえるのです。

また、Office 365 SoloによりMac用のExcelもWindows用のExcelも使えるようになったこともおすすめできる理由です。

ノート(データベース)

MacとWindowsの両方を使っているとデータやファイルの共有が問題となることが多々あります。

データベースのようにも使えるノートアプリに出来る限りすべてのデータやファイルを放り込んでおけば、そうした問題を回避できます。

そうした使い方ができるおすすめのノートアプリが以下です。

Evernote

Evernote

ノートアプリの定番中の定番です。

あえて難点を見つけるとすれば、1つのノートのサイズが200MBに制限されているため、大きなファイルは管理できないことぐらいでしょうか。

2016年6月に料金が実質値上げされたため、代替アプリをさがす動きもあります。

しかし、EVERNOTEプレミアムパックを使えば値上げ前と比べても安い費用でEvernoteを使えます。

Macに限らず、パソコンで仕事をしていると大量のファイルをどう整理するのか頭を悩ませることがよくありました。 Wordで作った...

OneNote

OneNote

マイクロソフトOfficeファミリのノートアプリです。

Evernoteと同じような機能を持ちながら影が薄かったのは昔はWindows専用だったからです。

しかし、Mac版の登場によりEvernoteと肩を並べる存在になりました。

Evernoteのようなノートサイズや転送量の制限がないため、巨大なファイルもノートに添付して一元管理することができます。

また、Office 365 Soloに含まれるため、WordやExcelなどと一緒にOneNoteもついてきます。

オンラインストレージ

MacとWindowsのファイル共有に欠かせないのがオンラインストレージです。

Dropbox

速度、安定性、対応アプリ数など、どれをとってもトップクラスのオンラインストレージです。

にもかかわらず「Dropbox Plus 3年版」を使えば1TBの容量が月あたり720円しかかかりません。

OneDrive

マイクロソフトが提供するオンラインストレージですが、Macでも使えます。

料金も含めてトップクラスのDropboxがあるのになぜOneDriveをすすめるかというと、Office 365 Soloになんと「OneDriveの1TB容量がついてくる」からです。

つまり、WordやExcelを使うのであれば実質無料で1TBを使えるいうわけです。