BootCampとWindows 11

Windows 11

BootCampとは

BootCampとはWindowsを使うためのIntel Macの標準機能です。

BootCampはIntel Mac専用でM1 Macには搭載されていません。

スポンサーリンク

BootCampではWindows 11は使えない

現在、最新のWindowsはWindows 11です。

しかし、BootCampがサポートするのはWindows 10までで、Windows 11は使えません。

Windows 11のシステム要件にはTPM 2.0(Trusted Platform Module)があるのですが、MacではTPMが有効になっていないためです。

Windows 11のシステム要件を満たしているWindows 10 PCであれば「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」からWindows 11へのアップグレードができます。

しかし、BootCampでWindows 10をインストールしているMacはTPM 2.0がなくシステム要件を満たさないため、アップグレードはできません。

スポンサーリンク

Parallels DesktopならWindows 11が使える

前述の通り、BootCampはWindows 11をサポートしませんが、仮想化ソフトであるParallels Desktop 11であればWindows 11をサポートしています。

Parallels Desktopの仮想環境でソフトウエアによる仮想TPMを提供することでWindows 11の仮想環境をクリアしているためです。

また、Parallels DesktopはmacOSとWindowsを同時に使えるなど、BootCampにはないメリットがあります。

Parallels Desktop 17 for Mac
Parallels Inc.
MacとWindowsを瞬時に切り換え

M1 MacでもWindows 11が使える

前述の通り、M1 MacにはBootCampは搭載されていません。

そもそもApple M1で動作するWindows on ARMが一般販売されていないため、BootCampを搭載する意味もありません。

しかし、Parallels Desktopでは評価や開発用に提供されているInsider PreviewのWindows 11 on ARMを動かすことができます。

もちろん、評価や開発以外の仕事で使えるものではありませんが、興味がある方は以下の記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました