Magic KeyboardとBoot Camp

Magic KeyboardをBoot Camp環境で使うとちょっと戸惑う点があります。

Magic Keyboardとは

Magic Keyboardとはアップル純正の外付けキーボードです。

テンキーなしとテンキー付つきの2種類が発売されています。

デスクトップ型MacであるiMacには標準でテンキー無しのMagic Keyboardが付属しています。

Boot Campはテンキー付きのMagic Keyboardをサポートしない?

まず、テンキー付つののMagic Keyboardですが、Boot Campで使おうとするとAppleのキーボードドライバがロードされません。

MacとBluetoothでなくLightningケーブルでUSB接続しても同様です。

まあ、ロードされなくてもアルファベットくらいは入力できるのですが、「かな」キーや「英数」キーを有効にする方法がないようなのです。

アップル純正なのになぜなのでしょうか。

Magic Keyboard Utilitiesという有料ソフトを使うとBoot Campでもテンキー付きのMagic Keyboardが使えるようです。

しかし、ライセンス料は年間14.9ドルです。

その金額を払うならParallels DesktopでWindowsを使ったほうがいいのでは(Parallels Desktopなら10キー付きのMagic Keyboardもちゃんと使えます)・・・。

【クーポンで10%OFF】Parallels Desktop 15 for Mac
Parallels Inc.
クーポンコードQDS-591-K3Aで10%OFF
11月24日(日)までの期間限定

Magic KeyboardはUSB接続する

では10キー付きでない普通の(?)Magic KeyboardはというとBoot Camp環境でちゃんとアップルのキーボードドライバがロードされます。

しかし、MacとBluetoothで接続していると「かな」キーと「英数」キーが効きません。

そのため、Lightningケーブル(Magic Keyboardに1本付属しています)を使ってMacと接続する必要があります。

では、「かな」キーも「英数」キーも使わないという奇特な人ならBluetooth接続でも問題ないかというとそうでもありません。

Magic KeyboardをBluetooth接続し、Boot Camp環境とMac環境を行き来すると高い確率でBluetoothのペアリングが切れてしまうようです。

Boot CampでのMacとWindowsの切り替えはOS再起動が必要でただでさえ時間がかかるので、さらにBluetoothの再ペアリングなどやってられません。

そのため、Magic KeyboardをBoot Campで使うのであれば事実上、USB接続が必須です。

コメント