MacでZIPファイルを作成する

Macで作成したZIPファイルを他の人に渡した後、次のようなことを言われたことはないでしょうか。

  • ファイル名が文字化けしている
  • 余計なファイルが含まれている

このようなことはMacユーザーがWindowsユーザーにZIPファイルに渡すとよくおこります。

ZIPファイルとは

ZIP(ジップ)ファイルとは1つ、または複数のファイルを1つのファイルにまとめるZIPファイル形式のファイルことです。

通常はファイルの圧縮も同時に行われます。

ZIPファイルの拡張子は通常、”.zip”、または”.ZIP”です。

このZIPファイルの作成と解凍(ZIPファイルの圧縮を展開して元のファイルに戻す)はMacでもWindowsでも標準でサポートされています。

MacとWindowsで仕様が異なる異なる

MacではFinderで1つ、または複数のファイルを選択し、タッチパッドを二本指でタップ(またはマウスを右クリック)するとメニューが現れます。

そのメニューの中の「〜を圧縮」をいう項目すると選択しているファイルからZIPファイルが作成されます。こうして作成したZIPファイルをMacだけで使う分にはいいのですが、Windowsユーザーに渡してしまうと冒頭のような文句を言われてしまいます。

  • ファイル名が文字化けしている
  • 余計なファイルが含まれている

ファイル名が文字化けしている

正確には英語以外のファイル名が文字化けする、です。

もちろん日本語のファイル名の文字は化けます。これはZIPファイル内のファイル名に使われる文字コード(文字を数値化する方式)が原因です。

Macの標準機能ではファイル名をUTF-8という文字コードでZIPにします。UTF-8はZIPでサポートされている文字コードですので別におかしな話ではありません。

しかし、Windows標準のZIP機能はUTF-8をサポートしておらず、ファイル名の文字コードはすべてSJIS(シフトJIS)とみなして処理してしまいます。

そのため、解凍されたファイルのファイル名が化けてしまうわけです。

逆にWindows標準のZIP機能ではファイル名をSJISとしてZIPを作成しますが、Macで解凍してもファイル名は化けません。これはMacがSJISとUTF-8の両方をサポートしているためです。

Windows標準のZIPもUTF-8をサポートするのが筋だとは思うのですが、まあそこはWindowsですから・・・。

余計なファイルが含まれている

Macの標準機能で作成したZIPファイルをWindows標準機能で解凍すると”__MACOSX”というフォルダも解凍されます。

しかし、同じZIPファイルをMacで解凍してもそんなフォルダはありません。

Macでは解凍時に”__MACOSX”の内容が隠しファイルとなるためです。

この”__MACOSX”には「リソースフォーク」が格納されています。

リソースフォークとは以下のような「Finder上のファイル」を表現するための情報です。

  • ファイルを作成したアプリの情報
  • コメント
  • Finder情報

つまり、”__MACOSX”はMacのFinderでだけ必要なフォルダであり、Windowsではまったく不要です。

それならZIP解凍後に”__MACOSX”を削除してもらえばいい話ですがWindowsユーザーからしてみれば、「意味不明のフォルダが含まれているこのZIPファイルは本当に大丈夫なの?」と思うのは当然かもしれません。

さらに「こんなZIPファイルを送ってくるこの人は本当に大丈夫なの?」と思われても仕方ないかもしれません。

Windowsユーザーに渡すZIPファイルを作成する

ではWindowsユーザーに渡すZIPファイルをMacでどう作ればいいでしょうか。

方法は大きく2つです。

  • ZIPANGを使う
  • Parallels Desktopで完全互換のZIPファイルを作る

ZIPANGを使う

ZIPANGとはWindows互換のZIPファイルが作成できるMacアプリです。

Mac App Storeから無料でダウンロードできます。

インストールしてダウンロードすると以下のような画面が表示されます。

「圧縮プロファイル」で「Mac to Win」を選択し1つ、または複数のファイルをドラッグ&ドロップするだけでWindows互換のZIPファイルが作成されます。

Windows互換でないファイルができる場合もある

ただし、ZIPANGも完璧ではありません。

例えばMac OSで「¥」を含むファイル名のファイルを作成し、ZIPANGでWindows互換のZIPファイルを作成するとWindowsでは解凍できないZIPファイルが作成されます。

Windowsでは「¥」をファイル名に含めることができないためです。

Parallels Desktopで完全互換のZIPファイルを作る

ではMac OS上でWindows完全互換のZIPファイルを作る方法はないのか?

・・・というと、あります。

本物のWindowsのZIP機能でZIPファイルを作成する方法です。

Paralles Desktop(詳細は以下の記事をどうぞ)という仮想化ソフトでMac OS上で本物のWindows OSを動作させるのです。

MacにWindowsをインストールして使いたい。 そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一...

そして、Parallels Desktopのファイル共有機能を使うとWindows OSからMac OSのファイルを読み書きできます。

MacでWindowsを使っているとMac OSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います...

Windows標準機能でMac OS上のファイルからMac OS上にZIPファイルを作成することができるわけです。

そうして作成されたZIPファイルは本物のWindowsで作成したのですから当然、Windows完全互換です。

MacにWindowsをインストールして使いたい。 そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一...