MacでZIPファイルを作成する

Macで作成したZIPファイルを他の人に渡した後、次のようなことを言われたことはないでしょうか。

  • ファイル名が文字化けしている
  • 余計なファイルが含まれている

このようなことはMacユーザーがWindowsユーザーにZIPファイルに渡すとよくおこります。

スポンサーリンク

ZIPファイルとは

ZIP(ジップ)ファイルとは1つ、または複数のファイルを1つのファイルにまとめるZIPファイル形式のファイルことです。

通常はファイルの圧縮も同時に行われます。

ZIPファイルの拡張子は通常、”.zip”、または”.ZIP”です。

このZIPファイルの作成と解凍(ZIPファイルの圧縮を展開して元のファイルに戻す)はMacでもWindowsでも標準でサポートされています。

MacとWindowsで仕様が異なる異なる

MacではFinderで1つ、または複数のファイルを選択し、タッチパッドを二本指でタップ(またはマウスを右クリック)するとメニューが現れます。

そのメニューの中の「〜を圧縮」をいう項目すると選択しているファイルからZIPファイルが作成されます。こうして作成したZIPファイルをMacだけで使う分にはいいのですが、Windowsユーザーに渡してしまうと冒頭のような文句を言われてしまいます。

  • ファイル名が文字化けしている
  • 余計なファイルが含まれている

ファイル名が文字化けしている

正確には英語以外のファイル名が文字化けする、です。

もちろん日本語のファイル名の文字は化けます。これはZIPファイル内のファイル名に使われる文字コード(文字を数値化する方式)が原因です。

Macの標準機能ではファイル名をUTF-8という文字コードでZIPにします。UTF-8はZIPでサポートされている文字コードですので別におかしな話ではありません。

しかし、Windows標準のZIP機能はUTF-8をサポートしておらず、ファイル名の文字コードはすべてSJIS(シフトJIS)とみなして処理してしまいます。

そのため、解凍されたファイルのファイル名が化けてしまうわけです。

逆にWindows標準のZIP機能ではファイル名をSJISとしてZIPを作成しますが、Macで解凍してもファイル名は化けません。これはMacがSJISとUTF-8の両方をサポートしているためです。

Windows標準のZIPもUTF-8をサポートするのが筋だとは思うのですが、まあそこはWindowsですから・・・。

余計なファイルが含まれている

Macの標準機能で作成したZIPファイルをWindows標準機能で解凍すると”__MACOSX”というフォルダも解凍されます。

しかし、同じZIPファイルをMacで解凍してもそんなフォルダはありません。

Macでは解凍時に”__MACOSX”の内容が隠しファイルとなるためです。

この”__MACOSX”には「リソースフォーク」が格納されています。

リソースフォークとは以下のような「Finder上のファイル」を表現するための情報です。

  • ファイルを作成したアプリの情報
  • コメント
  • Finder情報

つまり、”__MACOSX”はMacのFinderでだけ必要なフォルダであり、Windowsではまったく不要です。

それならZIP解凍後に”__MACOSX”を削除してもらえばいい話ですがWindowsユーザーからしてみれば、「意味不明のフォルダが含まれているこのZIPファイルは本当に大丈夫なの?」と思うのは当然かもしれません。

さらに「こんなZIPファイルを送ってくるこの人は本当に大丈夫なの?」と思われても仕方ないかもしれません。

Windowsユーザーに渡すZIPファイルを作成する

ではWindowsユーザーに渡すZIPファイルをMacでどう作ればいいでしょうか。

方法は大きく2つです。

  • ZIPANGを使う
  • Parallels Desktopで完全互換のZIPファイルを作る

ZIPANGを使う

ZIPANGとはWindows互換のZIPファイルが作成できるMacアプリです。

Mac App Storeから無料でダウンロードできます。

インストールしてダウンロードすると以下のような画面が表示されます。

「圧縮プロファイル」で「Mac to Win」を選択し1つ、または複数のファイルをドラッグ&ドロップするだけでWindows互換のZIPファイルが作成されます。

Windows互換でないファイルができる場合もある

ただし、ZIPANGも完璧ではありません。

例えばMac OSで「¥」を含むファイル名のファイルを作成し、ZIPANGでWindows互換のZIPファイルを作成するとWindowsでは解凍できないZIPファイルが作成されます。

Windowsでは「¥」をファイル名に含めることができないためです。

Parallels Desktopで完全互換のZIPファイルを作る

ではMac OS上でWindows完全互換のZIPファイルを作る方法はないのか?

・・・というと、あります。

本物のWindowsのZIP機能でZIPファイルを作成する方法です。

Paralles Desktop(詳細は以下の記事をどうぞ)という仮想化ソフトでMac OS上で本物のWindows OSを動作させるのです。

Parallels Desktop 14の価格

MacにWindowsをインストールして使いたい。

そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一般的です。

しかし、Boot CampはMacの再起動によってMacとWindowsを...

そして、Parallels Desktopのファイル共有機能を使うとWindows OSからMac OSのファイルを読み書きできます。

MacとWindowsでファイルを共有する

MacでWindowsを使っているとMac OSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います。

MacとWindows間のファイル共有の方法はいくつかあります。

Boot ...

Windows標準機能でMac OS上のファイルからMac OS上にZIPファイルを作成することができるわけです。

そうして作成されたZIPファイルは本物のWindowsで作成したのですから当然、Windows完全互換です。

Parallels Desktop 14の価格

MacにWindowsをインストールして使いたい。

そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一般的です。

しかし、Boot CampはMacの再起動によってMacとWindowsを...

コメント