MacでEvernoteを使う

Evernoteアクション

ノートアプリでファイルを管理する

Macに限らず、パソコンで仕事をしていると大量のファイルをどう整理するのか頭を悩ませることがよくありました。

Wordで作った1ページだけの文書、ちょっと計算したExcelファイル、仕事の記録写真……

そういうファイルはいわゆる階層フォルダに整理して保存していました。

階層フォルダとはフォルダの中に複数のフォルダがあって、そのフォルダの中に複数のフォルダとファイルがあって……

というファイルシステムの持つ階層構造です。

しかし、ファイルの数が増えてくると階層フォルダを整理するのに時間をとられるようになります。

しかも時間をかけてファイルを階層管理しても、「昔作ったあのファイルはどこにあったっけ??」と階層フォルダ内を探しまわり、なかなかファイルが見つからないことがよくあります。

そうした問題を解決できるのがファイルを添付できるノートアプリです。

  • Mac標準のメモ
  • Evernote
  • OneNote

これらのアプリのノートにはファイルを添付することができます。

そして添付したファイルはEvernoteの検索機能で探すことができます。

さらにファイルと一緒にファイルについてのメモ等の情報を付け加えることもでき、それらも検索対象になります。

標準メモかEvernoteか

どのノートアプリがいいかですが、まあさすがにOneNoteはねえ……

OneNote
無料

Notionはノートに添付したファイルの中身を検索できないのでパスです。

そのため、Evernoteと標準メモの比較となるわけですが、

Evernote 標準メモ
プラットフォーム Mac / Windows / iPhone /iPad / Android Mac / iPhone / iPad
容量 無制限
(転送量10GB/月以内)
iCloudに依存

まず問題になるのは標準メモがアップル製品(Mac / iPhone / iPad)にしか対応しないことです。

MacとWindowsを併用している人は標準メモではどうにもなりません。

また、ファイル管理に使う場合、Evernoteも標準メモも無料版では無理で有料版が必須です。

標準メモに保存できるノート容量は契約しているiCloudの容量に依存します。

iCloudの容量が足りなくなれば毎月の課金が増えます。

それに対してEvrenoteは容量無制限です(10GB/月の転送量制限はあリますが)。

そんなわけで、Macユーザーなら純正の標準メモを使いたいところですが、Evernoteを使っています。

Evrenoteアプリは不要

MacでEvernoteを使うには2つの方法があります。

  • Evernoteアプリ (Macにインストールして利用)
  • Evernote Web (ブラウザで利用)

昔はEvernoteアプリがフル機能版で、Evernote Webは機能制限が多かったのですが、いつの間にかEvernote Webのほうがメインになっているようです。

そのため、MacではEvernoteアプリを使う理由が見当たりません。

Windows版Evernoteのインポートフォルダ機能

Windows版のEvernoteアプリには「ツール」-「インポートフォルダ」メニューから「インポートフォルダ」を登録できる機能があります。

Evernoteはインポートフォルダを監視し、フォルダにファイルが追加されるとそのファイルを自動でEvernoteに登録し、元のファイルを削除します(削除しない設定もできます)。

つまり、ファイルをインポートフォルダに放り込むたけで、ファイルはEvernoteに登録されわけです。

どういうわけか、Mac版のEvernoteにはこのインポートフォルダ機能がありません。

この機能があればMac版のEvernoteアプリにも存在価値があるのですが……

Web版でも使えるキーボードショートカット

Web版Evernoteの唯一とも言える弱点がキーボードショートカットです。

ブラウザのキーボードショートカットと衝突するため使えるショートカットは限られます。

⌘ command + Fノート内を検索
⇧ shift + ⌘ command + Fノート内を置換
⌘ command + G次を検索
⇧ shift + ⌘ command + G前を検索
⌘ command + P印刷
⌘ command + Z取り消す
⇧ shift + ⌘ command + Zやり直す
⌘ command + Xカット
⌘ command + Cコピー
⌘ command + Pペースト
⇧ shift + ⌘ command + P書式なしペースト
⌘ command + A全てを選択
tabリストの階層を増やす
⇧ shift + tabリストの階層を減らす
⇧ shift + ⌘ command + O番号付きリストの切り替え
^ control + ⌘ command + space絵文字
⌥ option + ⌘ command + [左揃え
⌥ option + ⌘ command + ]右揃え
⌥ option + ⌘ command + ^中央揃え
⌘ command + Kリンクを追加/編集
⇧ shift + ⌘ command + Kリンクを削除
⌘ command + Bボールド
⌘ command + I斜体
⌘ command + U下線
^ control + ⌘ command + K取り消し線
^ control + ⌘ command + Hハイライト
⇧ shift + ⌘ command + D日付を挿入
⌥ option + ⇧ shift + ⌘ command + D時間を挿入

FinderからEvernoteにファイルを登録する

Windowsであれば前述のインポートフォルダにファイルを放り込むだけでEvernoteにファイルが登録されます。

しかし、インポートフォルダ機能が使えないMacでは、

  1. Evernoteで新規にノートを作成する。
  2. ノートにファイルを添付する。
  3. 添付した元のファイルを削除する。

という面倒な手順が必要です。

この手順はMac標準の「ショートカット」アプリを使うと自動化できます。 ショートカットアプリ

ショートカットアプリはEvernoteに関連する以下のアクションをサポートしています。

Evernoteアクション

Evernote関連アクションを初めて使用する際、Evernoteのログイン画面が表示され、ログインするとEvernoteに登録しているメールアドレスに件名「Shortcutsが正常にEvernote に連携されました」のメールが届きます。

Evernoteアクション

「新規メモを作成」アクションを使って以下のようなショートカットを作成します。

Evernoteに添付して削除

Finderでファイルを選択(複数ファイルでも大丈夫です)して右クリックし、「クリックアクション」-「Evernoteに添付して削除」メニューを選択すると以下のアクションが実行されます。

  1. Evernoteに「Untitled Note」という名前の新規ノートにファイルが添付される。
  2. ファイル削除の確認画面が表示され、「削除」ボタンをクリックするとファイルが削除される。

ノートの名前が「Untitled Note」なのはショートカット作成時に名前を指定していないからです。

後でEvernoteを「Untitled Note」で検索すればショートカットで追加されたノートが一覧されるので、ノートの名前を編集できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました