HHKB lite2 for MacをBoot Campで使う

HHKB lite2 for Mac

HHKB lite2 for MacはBoot CampのWindowsでも使えるのでしょうか。

HHKB lite2 for Macとは

HHKBとはHappy Hacking Keyboardの略で、PFU社のキーボードです。

「lite2」がつかないHHKBは高級キーボードとして有名ですが、Windows用のみでMac用はありません。

HHKB lite2はHHKBの廉価版でWindows用です。

lite2だけにはMac用モデルがあり、それがHHKB lite2 for Macです。

Boot Campで使ってみると・・・

HHKB lite2 for Mac用のWindowsドライバなどは当然存在しません。

それでもとりあえずBoot CampのWindows 10にHHKB lite2 for Mac (日本語配列)を接続してみました。

Windowsには「PFU-68 USB Keyboard」として認識され、ドライバとして標準の「HIDキーボードデバイス」が使われています。

この状態でキーコード確認ソフトを使って調べるとWindowsキーボードの各キーはHHKB lite2 for Macでは以下のキーに該当していました。

Windowsキーボードのキー HHKB lite2 for Macのキー
Altoption(alt)
Win該当なし
Application該当なし
caps lockFn + Tab
全角/半角
ひらがな
無変換英数
変換かな
insertFn +
deleteFn + Del
F1F12Fn + 1^
prt ScFn + I
scroll lockFn + O
pauseFn + P
homeFn +
endFn +
page upFn +
page downFn +

問題なく使える

上の表を見る限り、HHKB lite2 for MacはMac用のキーボードであるにもかかわらず、ドライバも無しにWindows(Boot Camp)でそのまま使えることがわかります。

Winに該当するキーがないのは不便ですが、WindowsキーボードにもWindowsの操作にもWinは必須ではありません。

Applicationに該当するキーもありませんが、こちらはWin以上になくても困らないキーです。

Mac用のドライバは何をやっているのか?

HHKB lite2 for MacはドライバなしでWindows(Boot Camp)で使えてしまいました。

しかし、Macで使う場合はPFUが提供しているドライバが必要なのです。

不思議に思ってドライバをインストールしない状態ではどんな挙動になるかKarabiner-EventViewerを使って調べて見ました。

すると以下のキーでキートップの印字と異なるキーコードが入力されていました。

キー ドライバ無しで入力されるキーコード
grave_accent_and_tilde
international2
英数international5
Kanainternational4

これってつまり、HHKB lite2 for MacのハードウエアはWindowsキーボードであり、Mac用のドライバがMac用のキーコードに変換しているだけなのかも・・・。

ドライバ無しで使う方法

そう考えて、Karabiner-Elementsを以下のようなJSONファイルで設定したところ、ドライバ無しでも問題なく使えてしまいました。

{
"title": "HHKB Lite 2 for Mac",
"rules": [
{
  "description": "HHKB Lite 2 for Mac",
  "manipulators": [
	{
    "type": "basic",
    "from": {
      "key_code": "grave_accent_and_tilde",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "left_command" }]
  },
  {
    "type": "basic",
      "from": { 
			  "key_code": "international2",
        "modifiers": { 
          "optional": ["any"]
        } 
      },
      "to": [{ "key_code": "right_command" }]
  },
  {
    "type": "basic",
    "from": { 
      "key_code": "international5",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "japanese_eisuu" }]
  },
  {
    "type": "basic",
    "from": { 
      "key_code": "international4",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "japanese_kana" }]
}]
}]
}

Karabiner-Elementsを使うとドライバの機能を単純に置き換えるだけでなく、JSONファイルの記述次第で自由にキーバインドを変更できるメリットがあります。

暇なHHKB lite2 for Macユーザーは試してみてはいかがでしょうか。

HHKB lite2 for MacはBoot Campで使えるのか、という当初の目的からだいぶ離れてしまいましたが・・・。

コメント