HHKB lite2 for MacをBoot Campで使う

HHKB lite2 for Mac

HHKB lite2 for MacはBoot CampのWindowsでも使えるのでしょうか。

HHKB lite2 for Macとは

HHKBとはHappy Hacking Keyboardの略で、PFU社のキーボードです。

「lite2」がつかないHHKBは高級キーボードとして有名ですが、そちらではありません。

HHKB lite2はHHKBの廉価版です。

Boot Campで使ってみると・・・

HHKB lite2 for Mac用のWindowsドライバなどは当然存在しません。

それでもとりあえずBoot CampのWindows 10にHHKB lite2 for Mac (日本語配列)を接続してみました。

Windowsには「PFU-68 USB Keyboard」として認識され、ドライバとして標準の「HIDキーボードデバイス」が使われています。

この状態でキーコード確認ソフトを使って調べるとWindowsキーボードの各キーはHHKB lite2 for Macでは以下のキーに該当していました。

Windowsキーボードのキー HHKB lite2 for Macのキー
Altoption(alt)
WinFn +
Application該当なし
caps lockFn + Tab
全角/半角
ひらがな
無変換英数
変換かな
insertFn +
deleteFn + Del
F1F12Fn + 1^
prt ScFn + I
scroll lockFn + O
pauseFn + P
homeFn +
endFn +
page upFn +
page downFn +

そのまま使える

上の表を見る限り、HHKB lite2 for MacはMac用のキーボードであるにもかかわらず、ドライバも無しにWindows(Boot Camp)でそのまま使えることがわかります。

Applicationに該当するキーがありませんが、こちらはなくても困らないキーです。

Windowsではファンクションキーがないと不便

HHKB(lite2 for Mac以外も含む)にはファンクションキーがありません。

そのため、ファンクションキーはfnと数字キーなどとの同時押しで代替します。

macOS標準ではファンクションキーを使う操作はほとんどないのでそれでも困りません。

しかし、Windowsではよく使われるショートカットにファンクションキーを使うものがあります。

Alt + F4ウインドウを閉じる
Win + Ctrl + F4仮想デスクトップを閉じる
Ctrl + F1ファイル名を変更する。

例えば、仮想デスクトップを閉じるショートカットはWin + Ctrl + F4ですが、HHKBにはF4キーがなく代わりにfn + 4となるため、Win + Ctrl + fn + 4と4つものキーを同時に押す必要があります。

Mac用のドライバは何をやっているのか?

HHKB lite2 for MacはドライバなしでWindows(Boot Camp)で使えてしまいました。

しかし、Macで使う場合はPFUが提供しているドライバが必要なのです。

不思議に思ってドライバをインストールしない状態ではどんな挙動になるかKarabiner-EventViewerを使って調べて見ました。

すると以下のキーでキートップの印字と異なるキーコードが入力されていました。

キー ドライバ無しで入力されるキーコード
grave_accent_and_tilde
international2
英数international5
Kanainternational4

これってつまり、HHKB lite2 for MacのハードウエアはWindowsキーボードであり、Mac用のドライバがMac用のキーコードに変換しているだけなのかも・・・。

ドライバ無しで使う方法

そう考えて、Karabiner-Elementsを以下のようなJSONファイルで設定したところ、ドライバ無しでも問題なく使えてしまいました。

{
"title": "HHKB Lite 2 for Mac",
"rules": [
{
  "description": "HHKB Lite 2 for Mac",
  "manipulators": [
	{
    "type": "basic",
    "from": {
      "key_code": "grave_accent_and_tilde",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "left_command" }]
  },
  {
    "type": "basic",
      "from": { 
			  "key_code": "international2",
        "modifiers": { 
          "optional": ["any"]
        } 
      },
      "to": [{ "key_code": "right_command" }]
  },
  {
    "type": "basic",
    "from": { 
      "key_code": "international5",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "japanese_eisuu" }]
  },
  {
    "type": "basic",
    "from": { 
      "key_code": "international4",
      "modifiers": { 
        "optional": ["any"]
      } 
    },
    "to": [{ "key_code": "japanese_kana" }]
}]
}]
}

Karabiner-Elementsを使うとドライバの機能を単純に置き換えるだけでなく、JSONファイルの記述次第で自由にキーバインドを変更できるメリットがあります。

暇なHHKB lite2 for Macユーザーは試してみてはいかがでしょうか。

HHKB lite2 for MacはBoot Campで使えるのか、という当初の目的からだいぶ離れてしまいましたが・・・。

コメント

  1. 匿名 より:

    Fn + ⌘ でWinキーになりませんか。