有効なApple IDですが、iCloudアカウントではありません

iCloud for Windows

WindowsでiCloudを使うために新規にApple IDを取得し、WindowsのiCloudコントロールパネルにサインインしようとしたら、「有効なApple IDですが、iCloudアカウントではありません」とエラー表示されてサインインできませんでした。

しかし、たったそれだけのエラーメッセージでは、

え???

iCloudってApple IDでログインするんじゃないの???

有効なIDなのに有効なアカウントではないって???

・・・と、疑問ばかりでわけがわかりませんでした。

Apple IDとは?

そもそもApple IDって何でしたっけ?

App Storeでアプリをダウンロードする時やiTunes Storeで音楽をダウンロードする時にApple IDが必要になります。

そういえばApple Storeのサポートの予約をした時にもApple IDが必要でした。

どうやらアップルのサービスでは個人を識別するために必ずApple IDが必要なようです。

メールアドレスさえあれば無料でいくつでも作成できる

「個人を識別するため」とは言ってもApple IDを作成するのに必要なものはメールアドレスだけです。

メールアドレスはフリーメールなどで1人で何個でも取得できますから、Apple IDもメールアドレスを用意することで1人で何個でも作成できます。

Apple IDの作成画面にはクレジットカード番号の入力欄がありますが、入力は必須ではなくクレジットカードがなくてもApple IDを作成できます。

つまり、Apple IDでは誰でも何個でも無料で作成することができるIDです。

iCloudアカウントとは?

ではiCloudアカウントは何でしょうか?

アップルの他のサービスと同様、iCloudにはApple IDでサインインするため、Apple ID作成すると同時にiCloudも使えるようになる、と思っていました。

しかし、冒頭のエラーメッセージが出るということはその理解が間違っていたということでした。

iCloudを使えるのはiPhone、iPad、iPod touch、Macユーザーのみ

iCloudは無料で使えます。

そして、iCloudには誰でも無料で取得できるApple IDでサインインします。

これだけ聞くとiCloudは誰でも無料で使えるサービスのように思えます。

しかし、現実にはiCloudアカウントが作成されるのはiOSかMac OSでiCloudを設定した時です。

WindowsのiCloudコントロールパネルでiCloudを設定してもiCloudアカウントは作成されず、冒頭のエラーが表示されたと言うわけです。

iOSかMac OSでiCloudを設定するためには当然、iPhone、iPad、iPod touch、Macのいずれかの製品が必要です。

つまり、iCloudは誰でも使えるわけでなく、iCloudを使えるのはiPhone、iPad、iPod touch、Macのユーザーだけということです。

「有効なApple IDですが、iCloudアカウントではありません」の解決方法

ここまでわかれば解決方法は簡単で、iOS端末かMacでエラーになったApple IDでiCloudを設定するだけです。

一度、設定すればiCloudアカウントが作成されるため、設定解除してしまっても問題はありません。

実際にこの方法でエラーになっていたWindowsのiCloudコントロールパネルにサインインすることができました。

WindowsだけでiCloudを使う理由

今回のエラーの発端はWindowsでiCloudを使うための専用Apple IDを作ったことでした。

アップルのサービスであるiCloudをWindowsだけで使うことに何の意味があるのか疑問に思う人がいるかもしれません。

WindowsだけでもiCloud使う理由はIE、Chrome、Firefoxの間でお気に入り(ブックマーク)を同期することができるためです。

8.1以降のWindowsには複数のWindows PC間でIEのお気に入りを同期/移行できる機能があります。 しかし、Win...
【VMware Fusionが30%オフ!!】
MacでWindowsが使えるVMware Fusionが30%オフで購入できます。
2017年8月4日までの期間限定です。
詳しくは以下の記事をどうぞ。
MacとWindowsが同時に使えるVMware Fusion 8.5のセールが実施されています。