Windows10のProとHomeの違い

Windows 10にはHomeとProという2種類のエディションがあります。

ProはHomeのすべての機能を含んでおり、かつ追加で以下の機能を使えます。

  • リモートデスクトップサーバー
  • BitLocker
  • Windowsドメインへの参加

リモートデスクトップサーバ

リモートデスクトップとは離れた場所からネット経由でWindowsを使えるようにする機能です。

リモートデスクトップを実現するための通信手順の名前でるRDP(Remote Desktop Protocal)との呼ばれる場合もあります。

このリモートデスクトップのクライアント機能はWindows 10 HomeやProはもちろんWindows以外のOS(Macも含む)でも利用できます。

仕事でよく使っているWindowsのリモートデスクトップのメモです。リモートデスクトップ(Remote Desktop)とはWindows OSをネットワーク上のリモートデスクトップクライントから操作できるようにするための機能です。リモート

しかし、リモートデスクトップのサーバー機能はWindows 10 Proにしか搭載されていません。

Windows 10 ProならMacからネット経由で使うことができるわけです。

ちなみにクラウド上にリモートデスクトップサーバーを用意し、MacなどのリモートデスクトップクライアントからWindowsが使えるサービスもあります。

Windowsにはネット経由で操作するための「リモートデスクトップ」という仕組みがあります。 Windowsの開発元であるマイ...

BitLocker

ハードディスクやSSDを暗号化する機能です。

Macなら標準のFileVaultでハードディスクやSSDを暗号化できます。

しかし、Windowの暗号化機能はWindows 10 Proにしか搭載されておらず、Windows 10 Homeでは暗号化できません。

Windowsにはログインパスワードがあります。

しかし、Macを分解してハードディスクやSSDを取り出せばBootcamp領域からWindowsのデータを取り出すことができます。

Windows 10 ProのBitLockerで暗号化しておけば、たとえハードディスクを取り出されてもWindowsのデータを取り出すことができません。

Windowsドメインへの参加

Windowsドメインとはローカルネットワーク内での各ユーザーの権限を集中管理するためのシネットワークシステムです。

たくさんのWindows PCがある企業などではこのWindowsドメインでユーザーを管理している場合がほとんどです。

そしてWindows 10 Homeではその「Home」という名前の通り、Windowsドメインに参加することができません。

企業などのWindowsドメインに接続するのであればWindows 10 Proが必須です。

【VMware Fusionが30%オフ!!】
MacでWindowsが使えるVMware Fusionが30%オフで購入できます。
2017年8月4日までの期間限定です。
詳しくは以下の記事をどうぞ。
MacとWindowsが同時に使えるVMware Fusion 8.5のセールが実施されています。