MacでWindowsを使う方法

MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

MacでWindowsを使う方法の比較表

Boot Camp Parallels Desktop ConoHa for
Windows Server
Mac/Windows
同時使用
Windows
バージョン
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
(すべて64bit版のみ)
ほぼすべて Windows Server
2019
料金 無料
(macOSに含まれる)
買い切り 月額料金
HDD(SDD)領域多い少ないほぼゼロ
消費メモリ 少ない 多い ほぼゼロ

Boot Camp

MacのハードウエアはそもそもWindowsが動く要件を満たしています。

そしてAppleはMacへのWindowsのインストールを公式サポートしており、その仕組がBoot Campです。

MacとWindowsの切り替えが面倒(同時には使えない)

Boot Campは起動時にmacOSで起動するかWindows OSで起動するかを選択します。

そのため、MacとWindowsを同時に使うことができません。

一部のWindowsアプリを使うためだけにmacOSを終了して、Windows OSで起動しなおし、Windowsアプリを使い終わったらWindowsを終了してまたmacOSで起動する・・・。

この面倒さがBoot Campの最大のデメリットです。

キーボードが独特

Boot CampのキーボードマッピングはMacともWindowsとも違う独特なものです。

古いMacではUSBメモリが必要

古いMacではWindowsインストールのために別途16GB以上のUSBフラッシュメモリが必要になります。

大量のHDD(SSD)領域が必要

Windowsには32bit版と64bit版があります(DSP版以外のWindowsなら32bitと64bitの両方が含まれています)。

64bit版 32bit版
Boot Camp
扱えるメモリ4GB以上3GBまで
パフォーマンス
HDD(SSD)領域大きい小さい

Boot CampではHDD(SSD)をソフトウエア的にmacOS領域とWindows OS領域に分割し、32 bit版に比べて大きな64 bit版のWindowsをインストールします。

しかも、Windowsインストール後にOS領域のサイズを変更することができないため、大きめのWindows領域に分割しておく必要があります。

Parallels Desktop

Parallels DesktopとはMac上で「Windows PC」の仮想環境を作成するソフトウエアです。

その仮想環境にWindowsをインストールします。

Boot Campと違ってParallels DesktopならmacOSとWindows OSを同時に使うことができます。

Boot CampよりHDD(SSD)領域が少ない

あくまでBoot Campと比べての話ですが、HDD(SSD)領域が若干少なくてすみます。

まず、Boot CampのようにHDDを分割する必要がありません。

さらにBoot Campと異なり、省HDDの32 bit版Windowsを使うこともできます。

32bit版WindowsはWindows 10 ProかWindows 10 Homeに含まれています。

Windowsが動作するメモリが必要

1台のMacの上でmacOSとWindows OSが同時に動くのですから、Macが動作するためのメモリに加えてWindowsが動作するためのメモリが必要になります。

メモリ喰いの重いアプリを使うのであれば注意が必要です。

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverとはインターネット上にWindows仮想デスクトップ環境を提供するサービスです。

その実体はインターネット上の仮想Windows PCです。

そのため、MacにWindows OSをインストールするのではなく、ConoHa for Windows Serverにリモートデスクトップ接続してWindows OSを使うことができます。

Windows PCもWindows OSも購入する必要はありません。

この方法はMacのリソース(HDDやメモリ)をほとんど使いません。

インターネット上にあるサーバーのリソースが使われるためです。

そのため、古い非力なMacでmacOSとWindows OSを同時に使いたい場合には有効な方法です。

ConoHa for Windows Serverの詳細

Parallels Desktop 14購入で60,000円以上のアプリが無料!!

  • Parallels Desktop 14 for Mac
  • Acronis True Image 2019 Cyber Protection Premium (定価11,000円)
  • PDF Expert 2.4 (定価8,760円)
  • Painter Essentials 6 (定価7,800円)
  • Cylance Smart Antivirus (定価7,700円)
  • TrackOFF (定価7,200円)
  • 1Password Families (定価7,200円)
  • Pocket Premium (定価5,400円)
  • WinZip Mac 6.5 Pro (定価3,700円)
  • Parallels Toolbox (定価2,300円
  • Parallels Access (定価2,000円)

2019年3月1日(金)16:59までの期間限定

詳細はこちら

MacでWindowsを使う
MacでWindowsを使う

コメント

  1. kojix より:

    よく「 Windows の方は USB 接続のドライバーをインストールして下さい」というのを見かけますが、BootCamp / Paralles いずれでもインストールすれば機器を使えるようになるのでしょうか。それとも、ドライバーを必要とするような機器は使用できないのでしょうか。