MacでWindowsを使う方法

Mac

MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

Windowsを使う方法の比較

MacでWindowsを使う方法には以下があります。

  • BootCamp
  • Parallels Desktop
  • Windows 365
  • Windows Server VPS
BootCamp Parallels
Desktop
Winodws
365
Windows
Server VPS
対応Mac M1 Insider
Preview
のみ
インテル
Mac/Windows
同時使用
使用
リソース
メモリ 少ない 多い ほぼゼロ
SSD 多い 少ない ほぼゼロ
Windowsライセンス 必要 不要
スポンサーリンク

BootCamp

M1 MacではBootCampは使えません。

Intel Macならハードウエア的にWindowsが動く要件を満たしています。

そしてAppleはIntel MacへのWindowsのインストールを公式サポートしており、その仕組がBootCampです。

MacとWindowsの切り替えが面倒(同時には使えない)

BootCampは起動時にmacOSで起動するかWindows OSで起動するかを選択します。

そのため、MacとWindowsを同時に使うことができません。

一部のWindowsアプリを使うためだけにmacOSを終了して、Windows OSで起動しなおし、Windowsアプリを使い終わったらWindowsを終了してまたmacOSで起動する・・・。

この面倒さがBootCampの最大のデメリットです。

キーボードが独特

BootCampのキーボードマッピングはMacともWindowsとも違う独特なものです。

古いMacではUSBメモリが必要

古いMacではWindowsインストールのために別途16GB以上のUSBフラッシュメモリが必要になります。

大量のSSD領域が必要

Windowsには32bit版と64bit版があります(DSP版以外のWindowsなら32bitと64bitの両方が含まれています)。

64bit版 32bit版
BootCamp
扱えるメモリ 4GB以上 3GBまで
SSD領域 大きい 小さい

BootCampではSSDをソフトウエア的にmacOS領域とWindows OS領域に分割し、32 bit版に比べて大きな64 bit版のWindowsをインストールします。

しかも、Windowsインストール後にOS領域のサイズを変更することができないため、大きめのWindows領域に分割しておく必要があります。

スポンサーリンク

Parallels Desktop

Parallels DesktopとはMac上でPCの仮想環境を作成するソフトウエアです。

その仮想環境にWindowsをインストールできます。

BootCampと違ってParallels DesktopならmacOSとWindows OSを同時に使うことができます。

BootCampより必要なSSD領域が少ない

あくまでBootCampと比べての話ですが、SSD領域が若干少なくてすみます。

まず、BootCampのようにSSDを分割する必要がありません。

さらにBootCampと異なり、省SSDの32 bit版Windowsを使うこともできます。

32bit版WindowsはWindows 10 ProかWindows 10 Homeに含まれています。

M1 Macでも使えますが……

ARM CPUを搭載したM1 MacではBootCampは使えませんが、Parallels Desktopなら使用可能です。

ただし、現時点ではWindows on ARM(ARM版のWindows)が一般販売されていません。

評価や開発用に提供されているInsider PreviewのWindows 11 on ARMであればM1 MacのParallels Desktopで使用可能です。

Windowsが動作するメモリが必要

1台のMacの上でmacOSとWindows OSが同時に動くのですから、Macが動作するためのメモリに加えてWindowsが動作するためのメモリが必要になります。

メモリ喰いの重いアプリを使うのであれば注意が必要です。

Parallels Desktop 17 for Mac
Parallels Inc.
MacとWindowsを瞬時に切り換え
スポンサーリンク

Windows 365

Windows 365とはクラウドでWindowsを提供するサービスです。

Macからクラウドで提供されるWindowsへは接続アプリかブラウザで接続します。

つまり、Mac上でWindowsが動くわけではなく、MacからクラウドのWindowsを操作します。

クラウドのWindowsは当然、MacのHDD(SSD)もメモリも使いません。

リモートデスクトップ接続のために少量のメモリが使われるだけです。

WindowsのためにMacのリソースが使われないのは大きなメリットです。

また、M1 Macでも問題なく動作します。

ただし、Windows 365は法人向けのサービスであり、料金も安くはありません。

Windows Server VPS

Windows Server VPSとはWindowsの仮想デスクトップを提供するサービスです。

MacからWindows Server VPSへは「リモートデスクトップ」で接続します。

Windows 365よりはるかに料金が安く、個人でも利用できます。

BootCampが使えず、Parallels DesktopでもInsider PreviewのWindowsしか使えないM1 MacではこのWindows Server VPSがWindowsを使う最有力候補です

\ 10日間お試し /

コメント

  1. kojix より:

    よく「 Windows の方は USB 接続のドライバーをインストールして下さい」というのを見かけますが、BootCamp / Paralles いずれでもインストールすれば機器を使えるようになるのでしょうか。それとも、ドライバーを必要とするような機器は使用できないのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました