MacでWindowsを使う方法

Mac

MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

Windowsを使う方法の比較

MacでWindowsを使う方法には以下があります。

BootCamp Parallels
Desktop
Winodws
365
Windows
Server VPS
M2/M1 Mac
Intel Mac
Mac/Windows
同時使用
Windows 11対応
使用
リソース
メモリ 少ない 多い ほぼゼロ
SSD 多い 少ない ほぼゼロ
Windowsライセンス 必要 不要

BootCamp

M2/M1 MacではBootCampは使えません。

Intel Macならハードウエア的にWindowsが動く要件を満たしています。

そしてAppleはIntel MacへのWindowsのインストールを公式サポートしており、その仕組がBootCampです。

MacとWindowsの切り替えが面倒(同時には使えない)

BootCampは起動時にmacOSで起動するかWindowsで起動するかを選択します。

そのため、MacとWindowsを同時に使うことができません。

一部のWindowsアプリを使うためだけにmacOSを終了して、Windowsで起動しなおし、Windowsアプリを使い終わったらWindowsを終了してまたmacOSで起動する……

この面倒さがBootCampの最大のデメリットです。

キーボードが独特

BootCampのキーボードマッピングはMacともWindowsとも違う独特なものです。

大量のSSD領域が必要

Windows 10には32bit版と64bit版があります(DSP版以外のWindows 10なら32bitと64bitの両方が含まれています)。

64bit版 32bit版
BootCamp
扱えるメモリ 4GB以上 3GBまで
SSD領域 大きい 小さい

BootCampではSSDをソフトウエア的にmacOS領域とWindows領域に分割し、32 bit版に比べて大きな64 bit版のWindowsをインストールします。

しかも、Windowsインストール後にOS領域のサイズを変更することができないため、大きめのWindows領域に分割しておく必要があります。

Parallels Desktop

Parallels DesktopとはMac上でPCの仮想環境を作成するソフトウエアです。

その仮想環境にWindowsをインストールできます。

BootCampと違ってParallels DesktopならmacOSとWindowsを同時に使うことができます。

M2/M1 Macでも使える

ARM系のCPUを搭載したM2/M1 MacではBootCampは使えませんが、Parallels DesktopならWindows 11を使用可能です。

しかも、M2/M1 MacならWindwosを同時に動かしてもメモリ不足になりづらいメリットもあります。

BootCampより必要なSSD領域が少ない

あくまでBootCampと比べての話ですが、SSD領域が若干少なくてすみます。

まず、BootCampのようにSSDを分割する必要がありません。

さらにIntel MacではBootCampと異なり、省SSDの32 bit版Windowsを使うこともできます。

32bit版WindowsはWindows 10 ProかWindows 10 Homeに含まれています。

Windowsが動作するメモリが必要

1台のMacの上でmacOSとWindowsが同時に動くのですから、Macが動作するためのメモリに加えてWindowsが動作するためのメモリが必要になります。

M1 Macは前述のようにあまり問題が起きづらいのですが、8GBのIntel Macでは注意が必要です。

Windows 365

Windows 365とはクラウドでWindowsを提供するサービスです。

Macからクラウドで提供されるWindowsへは接続アプリかブラウザで接続します。

つまり、Mac上でWindowsが動くわけではなく、MacからクラウドのWindowsを操作します。

クラウドのWindowsは当然、MacのHDD(SSD)もメモリも使いません。

リモートデスクトップ接続のために少量のメモリが使われるだけです。

WindowsのためにMacのリソースが使われないのは大きなメリットです。

また、M1 Macでも問題なく動作します。

ただし、Windows 365は法人向けのサービスであり、料金も安くはありません。

Windows Server VPS

Windows Server VPSとはWindowsの仮想デスクトップを提供するサービスです。

MacからWindows Server VPSへは「リモートデスクトップ」で接続します。

Windows 365よりはるかに料金が安く、個人でも利用できます。

BootCampもParallels DesktopもWindowsのライセンスやインストール作業が必要で、手軽にWindowsを使うというわけには行きませんが、このWindows Server VPSはMacで最も手軽に簡単にWindowsを使う方法です。

\ 無料でお試し /

コメント

  1. kojix より:

    よく「 Windows の方は USB 接続のドライバーをインストールして下さい」というのを見かけますが、BootCamp / Paralles いずれでもインストールすれば機器を使えるようになるのでしょうか。それとも、ドライバーを必要とするような機器は使用できないのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました