迷走中のWindowsからMacへ移行するメリットとデメリット

Windows 3.1の登場からずっと、仕事でもプラベートでもWindowsを使ってきたのですが、Widnows 8の登場を機にプライベートのパソコンはWindowsからMacに移行しました。

Windowsのユーザー無視の迷走ぶりに愛想がつきたからです。

仕事ではWindowsも使っていますが、プライベートで使う気はもうありません。

昔はMacよりWindowsのほうが使いやすかったと思います。

しかし、今は迷走中のWindowsよりMacのほうが使いやすいです。

将来、Windowsの迷走が終われば、またWindowsのほうがMacより使いやすくなるかもしれませんけど。

WindowsからMacへ移行するメリットとデメリットをまとめてみます。

スポンサーリンク

WindowsからMacへ移行するデメリット

実際にWindowsからMacへ移行する時はメリットよりデメリットのほうが気になったのでデメリットの方を時にまとめます。

会社のパソコンと違う

普通の(デザイン会社などでない)会社ではパソコンはWindowsですよね。

私も会社ではWindows、個人ではMacを使っているため、OS操作方法の違いに戸惑うことはあります。

ただ、今やパソコンのアプリのほとんどの作業がOS非依存のWEBアプリでできています。

WEBアプリならMacでもWindowsでも同じ操作です。

さらにマイクロソフトOffice、Evernote、Dropboxなど、使用頻度の高いメジャーなアプリはMacとWindowsの両方に対応して操作方法も同じなので気にはなりません。

Windows専用アプリのMacでの代替を探す必要がある

困るのがWEBアプリでもメジャーアプリでもないWindows専用のアプリです。

Macで代替となるアプリを見つけ、場合によってはアプリのデータをWindowsからMacに移す必要があります。

もしどうしてもMacでの代替アプリがなければMacでWindowsを使う方法もあります。

MacでWindowsを使う方法

MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

MacでWindowsを使う方法の比較表

Boot Camp Parallels Desk...

Macの価格が高い?

以下はMac・Windows共通の売れ筋ランキングです。

ノートパソコンの売れ筋ランキング

パソコンの売れ筋ランキングの上位はWindowsのノートが占めてします。

理由は「Windowsには安価な機種があるから」です。

しかし、Macには安価な機種というのは存在しません(もちろん中古は除きます)。

存在しない理由は、Windowsの安価な機種を使ってみればわかります。

性能が低すぎて使い物にならないのです。

Macにはそんな機種はありません。

たとえWindowsでも十分な性能の機種はMacと同じ位の価格なのではないでしょうか。

WindowsからMacへ移行するメリット

Windowsの迷走につきあわずにすむ

これはWindows 10のスタートメニューです。

画面を指でタッチして操作しやすいようなUI(ユーザーインターフェイス)になっています。

しかし、こういうUIはマウスやトラックパッドで操作しやすいですか?

ではWindowsタブレットを指でタッチして使うとiPadやAndroidより使いやすいですか?

答えは明白だと思います。

Windows 8からこのタブレット向けのUIが導入され、たくさんの批判があるにもかかわらず、Windows 10になってもタブレットUIは廃止されませんでした。

WindowsからMacに移行すればこんな迷走につきあう必要はなくなります。

アプリを簡単にインストール、削除できる

iPhoneならApp Storeで、AndroidならGoogle Playで誰でも簡単にアプリをインストールできます。

アプリがバージョンアップも簡単です。

使わなくなったアプリを削除するのも簡単です。

Windowsストアからはデスクトップアプリをインストールできない

実はWindowsにも「Windowsストア」というApp StoreやGoogle Playと似たような仕組みがあります。

しかし、このWindowsストアからインストールできるのはタブレットモード用のアプリ(WindowsストアアプリとUWPアプリ)のみなのです。

それらのタブレットモード用のアプリがまともに使えるならいいのですが、ほとんどがデスクトップモード用アプリの劣化版という状況です。

そして、デスクトップアプリは自分のWindowsに適合するダウンロードして、解凍して、インストーラを実行して、、、

という昔ながらの手順を踏まないとインストールできません。

もし、アプリがバージョンアップされると再度インストールするなどアプリ固有の作業が必要です。

MacならApp Storeからアプリを簡単にインストールできる

MacにはiPhoneのようなApp Storeがあり、アプリを簡単にインストールできます。

アプリのバージョンアップもiPhoneやAndroidと同様、簡単にできます。

Windowsのようにアプリの削除方法がわからないなどということもありません。

サクサク軽快に動く

ブラウザやウインドウがサクサク軽快に動きます。

Windowsのような操作時にひっかかる感じがほとんどありません。

macOSとWindows OSと両方を使える

Windows PCではmacOSを動かすことはできませんが、MacにはWindowsを使うための手段がいくつか用意されています。

MacでWindowsを使う方法

MacでWindowsを使う方法はいくつかあります。

それぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

MacでWindowsを使う方法の比較表

Boot Camp Parallels Desk...

デザインがWindowsより良い

WindowsよりMacのほうがハードウエアもソフトウエアもデザイン的に優れています。

特にMacはWindowsより文字が圧倒的に綺麗で、目が疲れにくいです。

iOS(iPhone, iPad)との連携

WindowsからMacへの移行を考えているならiPhoneやiPadを持っているのではないでしょうか。

MacならiPhoneやiPadと簡単に連携できます。

iMessage

iOSのメッセージアプリであるiMessageがMacにも搭載されています。

MacとiOSとの間でメッセージをやりとりできます。

FaceTime

iOSの無料通話/ビデオ通話機能であるFaceTimeがMacには搭載されています。

MacとiOSの間で音声通話とビデオ通話ができます。

連絡先、カレンダ

Macの連絡先とカレンダはiOSと同期します。

Windowsだと連絡先もカレンダも非標準です。

誰でも使えるバックアップ機能が標準

Windowsにもバックアップ機能はあるのですが、簡単には使えずよくわからないために結局バックアップをとっていない人も多いのではないでしょうか。

そのことはWindowsでよくありがちな「データが消えてしまった」の原因になっています。

また、Windows PCのデータはある程度の知識がないと別のPCに移すことができません。

それに対してMacはタイムマシンというアプリが標準で付属し、USB HDDをつなぐだけで誰でも簡単にバックアップが取れます。

そしてそのバックアップから誰でも簡単に過去のファイルを復元したり、新しいMacにすべてのデータを移すことができます。

暗号化機能が標準

パソコンはログインパスワードさえ設定しておけば情報を盗まれることはないと思っている人は多いです。

実際にはたとえログインパスワードが設定されていてもパソコンからHDDやSSDを取り出し、別のパソコンに接続すれば情報は盗めます。

そうしたケースはHDDやSSDを暗号化することで防ぐことができます。

macOSなら「FileVault」という機能で簡単に暗号化を設定できます。

それに対し、Windows 10 Homeには暗号化機能はありません。

Windowsで暗号化機能が使いたければWindows 10 Pro搭載のPCを購入するか、有償でWindows 10 Proにアップグレードする必要があります。

Windows10のProとHomeの違い

Windows 10にはHomeとProという2種類のエディションがあります。

ProはHomeの機能をすべて含む Windows 10 ProはWindows 10 Homeのすべての機能を含んでおり、かつ追加で以下の機能...

どのMacを購入しても間違いはない

Windows PCはたくさんのメーカーから発売されています。

しかし、Windows PCには現行機種にもかかわらず性能が低すぎてまともに使えないものもたくさんあります。

特に初心者はどのWindows PCを買ったらいいのか迷うと思います。

初心者だからと安いWindows PCを買ってしまうと、上級者ですらまともに使えない低性能だったりします。

Macならそんなことはありません。

どのMacを購入しても間違いはありません。

MacBookの比較と用途別のおすすめ

Macには大きく3種類の形状があります。

MacBook ノート型

iMac デスクトップ一体型

Mac mini デスクトップ型

中でも最も人気があり、かつ一般的なのはノート型のMacB...

Parallels Desktop 14購入で60,000円以上のアプリが無料!!

  • Parallels Desktop 14 for Mac
  • Acronis True Image 2019 Cyber Protection Premium (定価11,000円)
  • PDF Expert 2.4 (定価8,760円)
  • Painter Essentials 6 (定価7,800円)
  • Cylance Smart Antivirus (定価7,700円)
  • TrackOFF (定価7,200円)
  • 1Password Families (定価7,200円)
  • Pocket Premium (定価5,400円)
  • WinZip Mac 6.5 Pro (定価3,700円)
  • Parallels Toolbox (定価2,300円
  • Parallels Access (定価2,000円)

2019年3月1日(金)16:59までの期間限定

詳細はこちら

MacでWindowsを使う
MacでWindowsを使う

コメント