VMware FusionでWindowsを使うメリット

VMwareとはアメリカの仮想化ソフトウエアの会社、またはVMware社(VMware, Inc)が提供する仮想化ソフトウエアです。

VMware社はWindowsやLinuxなど、Mac以外で動作する仮想化ソフトも販売している仮想化ソフトの老舗ですが、そのなかでもMac向けの仮想ソフトウエアがVMware Fusionです。

Boot Campの不満を解決できる

MacでWindowsを動かす方法はいくつかあります。

MacでWindowsを使う方法は大きく3つあります。 Boot Camp 仮想化ソフト リモートデスクトップ...

中でも一番使われていると思われるのはBoot Campです。

しかし、Boot Campを使っていると大抵以下のような不満が出てきます。

  • Mac OSとWindows OSの切り替えが面倒
  • キーマッピングがMacともWindowsとも違う
  • Mac OSとWindows OSのファイル共有ができない
  • 大量のHDD(SSD)領域が必要

Mac OSとWindows OSの切り替えが面倒

Boot CampでMac OSとWindows OSを切り替える方法については以下の記事をどうぞ。

MacでWindowsを使う最もお手軽な手段はBoot Campです。 しかし、Boot CampにはMacとWindows間...

記事にもある通り、切り替えはかなり面倒で、しばらくはWindows OSを使う、しばらくはMac OSを使う、ならいいのですがMacとWindowsを行き来きするためにはBoot Campはまったく向きません。

VMware FusionならMac OSとWindows OSを同時に使うことができるため、Boot Campのような切り替えはそもそも必要がありません。

キーマッピングがMacともWindowsとも違う

MacとWindowsは物理的なキーボード配列が異なるうえ、ソフトウエア的なキーマッピングも異なります。

Boot CampではMacの物理キーボードを使うことになりますが、どういうわけかキーマッピングがMac OSともWindows OSとも異なるBoot Camp独自のものなのです(詳細は以下の記事をどうぞ)。

MacとWindowsの両方を使っているとキーボードの違いにとまどいます。 MacとWindows PCのキーボードの違い 次の...

ずっとBoot Campだけを使うならそれでもいいのですが、Mac OSやWindows PCも使うのであればBoot Campの独自キーマッピングはかなりのストレスになります。

VMware FusionにはWindows OSのキーマッピングを自由に変更する機能があります。

標準ではMac OSのキーマッピングになっていますが、Windows OSに近い(前述の通りWindows PCとは物理的なキーボード配列が異なるため完全に同じにはできませんが)キーマッピングに変更することもできます。

Mac OSとWindows OSとファイル共有ができない

Mac OSとWindows OSの両方を使っているとそれらの間でファイルを共有する必要が出てきます。

しかし、Boot Campには書き込み可能な形でファイル共有する仕組みはなく、読み出しアクセスもできない場合があります。

MacでWindowsを使っているとMac OSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います...

VMware FusionにはWindows OSとMac OSで簡単にファイルを共有する仕組みがあります。

大量のHDD(SSD)領域が必要

Boot CampではHDD(SSD)をソフトウエア的にMac OS領域とWindows OS領域に分割し、32 bit版に比べて大きな64 bit版のWindowsをインストールします。

しかも、Windowsインストール後はOS領域のサイズを変更することができないため、大きめのWindows領域に分割しておく必要があり、大量のHDD(SSD)領域を浪費します。

VMware Fusionならサイズの小さい32 bit版のWindowsを使える上、Windows OSの領域サイズは可変のため、Boot CampよりHDD(SSD)領域が少なくてすみます。

Windows 10にはWindows 10 ProとWindows 10 Homeの2種類があります。 そしてProとHo...

ParallelsよりVMware Fusionがおすすめな理由

現在、MacでWindowsを動作させるための仮想化ソフトウエアは3種類あります。

Virtual Boxは無料で使えるのですが、パフォーマンスが良くないため実用は厳しいです。

VirtulBox 5.1をMacにインストールし、ゲストOSとしてWindows 10を実行する場合、どのような設定をするのがいい...

そのため仮想化ソフトウエアはParallels DesktopかVMware Fusionの2択なのが現実です。

では、Parallels DesktopとVMware Fusionでどちらがおすすめかといえば以下の理由でVMware Fusionなのです。

  • 複数台のMacでの使用
  • バージョンアップ費用
  • キーマッピング

詳細については以下の記事をどうぞ。

MacにWindowsをインストールして使いたい。 そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一...

パッケージ版はない

VMware Fusionは昔のバージョン5まではパッケージ版がありました。

パッケージ版とは下の写真のような「箱」に入った製品です。

VMware Fusion 5
VMware Fusion 5

このようなパッケージ版が店頭やAmazonなどで売られていたわけです。

しかし、VMware Fusion 6からパッケージ版はなくなったようです。

そのため、VMWare FusionはVMware社の公式サイトからダウンロード購入するしかありません。

Parallelsのユーザーなら4割引で購入できる

もし、Parallels Desktopのユーザーであれば、VMware Fusionを定価の4割引で購入できます。

下のリンクをクリックします。

以下のWEBページが開きますのでParallels Desktopのシリアルキーを入力します。 40%OFFでParallelsから移行

ここでシリアルキーを入力してもParallels Desktopが使えなくなるわけではありません。

Parallels Desktopのユーザーでバージョンアップ費用が高いと感じているなら、この割引を利用してVMware Fusionを試してみる価値はあるかと思います。