Parallels Desktopの最速設定

たくさんのMacアプリと同時に動かしているとParallels Desktopの動作が遅くなる場合があります。

そんな場合でもParallels Desktopができるだけ遅くならない設定をまとめてみます。

メモリが少ないなら32bit版のWindows

Windowsには64bit版と32bit版があります。

32bit版は使える物理メモリが3GBに制限(仮想メモリはもっと使えます)されますが、64bitより省メモリです。

Parallels DesktopはMacとWindowsを同時に動作させるのですから、どうしてもメモリが不足しがちになります。

そして、MacもWindowsがメモリが足りなくなるとスワップの頻度が上がります。

スワップとは使用頻度の少ないメモリの内容をストレージ(SSDやハードディスク)に書き出してメモリを開ける処理です。

スワップが起こると速度は一気に落ちてしまいます。

そのためにメモリ8GBの環境や多くのMacアプリと同時に使う場合、64bit版より32bit版のほうがスワップ頻度が下がるために高速になります。

Boot CampからParallels Desktopへ移行した環境は64bit版

Boot Camp環境をParallels Desktopに移行させて使っている人は多いかと思います。

Boot Campは64bit版のWindowsしかサポートしていません。

そのため、Boot Campから移行させたParallels Desktop環境は64bit版です。

その環境を使っているのであればParallels Desktopへの32bit版の再インストールが必要です。

32bit版Windowsのインストール手順

Windowsのプロダクトキーの入手

Windows 10 HomeかWindows 10 Proのプロダクトキーを入手します。

HomeとProの違いについては以下の記事を参照してください。

HomeとProのプロダクトキーは異なりますが、32bit版と64bitのプロダクトキーは共通です。

32bit版イメージのダウンロード

以下のリンクをクリックします。 Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

エディションとして「Windows 10」を選択し、「確認」ボタンをクリックします。

「日本語」を選択し、「確認」ボタンをクリックします。

「32-bitダウンロード」ボタンをクリックし、必ず「ダウンロード」フォルダにダウンロードします。

Parallels Desktop環境へインストール

Parallels Desktopを起動し、「ファイル」-「新規作成」メニューを選択して、インストールアシスタントの新規作成画面が開きます。

「MicrosoftからWindows 10を入手」を選択すると64bitのWindows 10がインストールされてしまいます。

32bitのWindows 10をインストールするには「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択し、「続行」ボタンをクリックします。

インストールアシスタントが「ダウンロード」フォルダから先程ダウンロードしたWindows 10のインストールイメージを見つけます。

「続行」ボタンをクリックします。

先程入手したWindows 10のプロダクトキーを入力し、「続行」ボタンをクリックします。

「Windowsの主な用途」として「業務用ツール」を選択し、「続行」ボタンをクリックします。

「インストール前に構成をカスタマイズする」にチェックし、「作成」ボタンをクリックします。

構成画面が表示されますので、後述のようにParallels Desktopを構成(設定)します。

構成が済んだら画面を閉じて「続行」ボタンをクリックします。

Windowsセットアップが実行されます。

以下の画面が表示されるとWindowsのインストールは終了です。

スポンサーリンク

Parallels Desktopの構成

前述のParallels Desktopの構成画面では以下のように設定します。

これらはWindowsインストール後でも設定できます。

CPUメモリ

32bit版Windowsを使う場合、「ハードウエア」タブの「CPUおよびメモリ」で「2816MB」を指定します。

2816MB(2.75GB)はParallels Desktop 15上で32bitのWindowsが使える物理メモリの上限でこれ以上のメモリを割り当てても無駄になります。

64bit版WindowsではMacに搭載されている実メモリと同時に動作させるMacアプリによって調整しますが、64bit版では4096MB(4GB)以上を指定しないとWindowsでスワップが多発します。

しかし、物理メモリが8GBのMacではそれ以上を指定するとかえってパフォーマンスが悪くなります。

Parallels上のWindowsの処理は最終的にはMacで実行されるためです。

グラフィック

グラフィックのメモリは「自動(推奨)」に設定します。

グラフィック

上図の下にある「解決策」の選択による挙動の違いは以下です。

表示速度 Retina表示 DPI設定
Retinaディスプレイに最適 自動
サイズ調整される × 不要
外部ディスプレイに最適 手動

WindowsのRetina表示が不要であれば、表示速度の速い「サイズ調整される」を選択します。

Retina表示が必要なら「外部ディスプレイに最適」を選択し、DPIを手動で設定します。

設定するにはWindowsの起動し、「Windowsの設定」で「システム」をクリックします。

Windowsの設定

「ディスプレイ」、「表示スケールの詳細設定」の順にクリックします。

ディスプレイ

「表示スケールの詳細設定」画面でカスタムスケーリングサイズに「200」を入力し、「適用」ボタンをクリックします。

表示スケールの詳細設定

固定サイズのディスクイメージを使う

Parallels Desktopのディスクイメージはデフォルトだと可変サイズです。

Windowsのディスク使用量によってサイズが可変するのは便利ではあります。

しかし、可変サイズより固定サイズのほうがパフォーマンスがいいため、固定サイズを使います。

「ハードウエア」-「ハードディスク」の「プロパティ」ボタンをクリックします。

「容量可変ディスク」のチェックをはずし、「Apply」をクリックします。

かなり時間がかかりますので気長に待ちましょう。

Windowsアップデートをスケジュールする

Windowsアップデートが始まるとWindowsは一気に重くなります。

だからと言ってWindowsアップデートを無効にしてしまうのはセキュリティ的に危険すぎます。

そのため、Windowsを使っていない時刻にWindowsアップデートが実行されるようにParallelsの「メンテナンス」機能で設定します(ちなみにParallelsのこの画面の日本語訳はヘンです・・・)。

設定した時刻にParallelsでWindowsを起動しておくとWindowsアップデートが実行されます。

MacとWindowsの共有は最小限に

Parallels DesktopにはWindowsとMacの間でファイルやクリップボードなどを共有するための便利な機能がたくさんあります。

デフォルトではほとんどONになっているのですが基本的にはOFFにします。

とはいえ、MacとWindowsを完全に分離してしまうとMacでWindowsを使う意味が薄れてきますので、本当に必要なものだけを厳選してONにするようにします。

スポンサーリンク

自動サインインする

Windowsを使うためにはログイン画面でパスワードを入力する必要があります。

他人に自分のWindowsを使われないようにするためです。

しかし、パスワード保護されているMac上で動作するParallels DesktopのWindowsをさらにパスワードする保護する必要はありません。

Windowsの起動がパスワード入力時間の分だけ遅くなります。

そのため、Windowsの自動サインインを設定します。

Windowsの検索窓の「netplwiz」と入力し、「netplwizコマンドの実行」をクリックします。

「ユーザーアカウント」画面が表示されたら通常使用するユーザーを選択し、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。

「OK」をクリックするとパスワード入力を求められるのでログインパスワードを入力します。

スポンサーリンク

クラウドストレージを使わない

Boot Campを使う場合、Windowsでクラウドストレージを使うのはMacとのファイル共有のために有用な手段です。

しかし、Parallels DesktopのWindowsでクラウドストレージを使うのは無駄ではないでしょうか。

なぜならParallels DesktopにはMacとファイルを共有する機能があるからです。

Windowsでクラウドストレージのファイルにアクセスしたければ、Mac上のクラウドストレージと同期しているフォルダとParallels Desktopで共有すればすみます。

OneDriveはデフォルトで起動してしまう

DropboxなどならWindowsにインストールしなければ済む話なのですが、OneDrive(Windows標準のオンラインストレージ)はWindowsと同時にインストールされ、デフォルトで起動する設定になっています。

そのため、OneDriveを使わないので後述のWindowsの軽量化でOneDriveをオフにします。

Windowsを軽量化する

Windowsを軽量化する以下の設定を行います。

コメント

  1. hoge より:

    細かいこというと「Windowsの仮想メモリを使わない」じゃなくて「Windowsのページングファイルを使わない」ですね
    仮想メモリはプロセスのメモリ空間を独立させるための機能で,これがないと普通のプログラムは1つも動きません(なのでオフにできない)

    • 管理人 より:

      指摘いただきありがとうございます。「Windowsのページングファイルを使わない」という言い回しに記事を修正しました。