Parallels Desktop 18 for Mac

MacでWindows 11が使える

MacはIntel CPUを搭載したIntel MacからM2/M1チップを搭載したM2 Mac、M1 Macに移行中です。

かつてMacでWindowsを使う最も手軽な手段はBootCampでしたが、M2 MacもM1 MacもBootCampをサポートしません。

Intel MacであればBootCampが使えますが、サポートされるのはWindows 10まででWindows 11はサポートされません。

しかし、Parallels Desktop 18ならM2 Mac、M1 Mac、Intel MacでWindows 11を使えます。

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

Parallelsの意味

Parallels Desktop(パラレルデスクトップ)とはMac上でPCを仮想化するソフトです。

Mac上の1アプリとして仮想的なPCが動いているようなイメージになります。

Parallels Desktop

その仮想的なPCにWindowsをインストールすれば記事冒頭の動画のようにMacの1アプリとしてWindowsが使えるというわけです。

WindowsがMacのアプリとして並行動作するため、macOSとWindowsを同時に使うことができます。

製品名の「Parallels」にはそうした意味が込められていると思われます。

そのため、BootCampのようにmacOSとWindowsを同時に使えないとか切り替えが面倒とかの問題はそもそもありません。

安く買うなら永久ライセンス(買い切り)

MacでもWindowsでもソフトウェアは買い切り(一度お金を払えばずっと使える)から、サブスクリプション(毎年お金を支払う)に移行しています。

例えばAdobe Creative Cloudのサブスクリプションに毎年お金を払い続けている人も多いのではないでしょうか。

長く使うのであればサブスクリプションより永久ライセンスがお得ですが、残念ながらAdobe Creative Cloudに永久ライセンスはありません。

で、Parallels Desktop 18はというと標準、Pro Edition、Businessの3つのエディションがあり、標準(製品名にProもBusinessもつかない)のみ永久ライセンスを購入できます。

標準 Pro Business
対象ユーザー 家庭 / 学生 開発者 / テスター
/ パワーユーザー
職場環境
価格 永久ライセンス
(単発購入)
12,700円
サブスクリプション 10,400円/年 11,700円/年 14,700円/年
Touch Barカスタマイズ
Visual Studio プラグイン
仮想RAM 8GB 128GB
仮想CPU 4CPU 32CPU
電話・メールサポート サブスクリプション
のみ
一元管理 ×
一括展開ライセンスキー ×

Parallels Desktop 18のサイトでは永久ライセンスは単発購入と表記されています。

単発購入

一見、単発購入(永久ライセンス)よりサブスクリプションの方が安いように見えますが、前述のようにサブスクリプションは毎年の支払いが必要になります。

ただ、サブスクリプションには新しいバージョンが発売された時に無償でアップグレードできるメリットはありますが……

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

Parallels Desktop 18 Pro / Business Edition

開発用途などで8GBを超える仮想RAM、32CPU、Visual Studioとの連携などが必要ならParallels Desktop 18 Pro EditionかBusiness Editionが必要です。

永久ライセンス(単発購入)なく、サブスクリプションのみです。

安く買う

12月5日(月)までの期間限定でParallels Desktop 18が25%OFFになるブラックフライデーセールが実施されています。

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

コメント

タイトルとURLをコピーしました