MacBookの比較と用途別のおすすめ

MacBook Air

Macには大きく3種類の形状があります。

MacBookノート型
iMacデスクトップ一体型
Mac miniデスクトップ型

中でも最も人気があり、かつ一般的なのはノート型のMacBookです。

MacBookといっても次の4種類がありますが、どれを選べばいいでしょうか。

  • MacBook
  • MacBook Air
  • MacBook Pro 13
  • MacBook Pro 15
スポンサーリンク

すべてのMacBookがおすすめ

WindowsのノートPCとの一番の違いはこれだと思います。

MacBookのメーカーはアップルのみですが、WindowsのノートPCはたくさんのメーカーから発売されています。

しかし、現行機種にもかかわらず性能が低すぎてまともに使えない、または使いこなすのに苦労するクセの強いWindowsノートPCもたくさんあります。

特に初心者が選びがちな安価なWindowsノートPCにはそのような使い物にならないものが多くあります。

しかし、MacBookには性能が低すぎて使えない機種もクセの強い機種もありません。

すべてのMacBookが初心者も含めて誰にでもおすすめできます。

MacBookの比較

MacBook
12
MacBook
Air
MacBook
Pro 13
MacBook
Pro 15
定価(税別) 128,000円〜 98,000円〜 148,800円〜 238,800円〜
画面サイズ12インチ13.3インチ13.3インチ15.4インチ
Retina
メモリ8GB 16GB
ストレージ256〜
512GB
128〜
256GB
256〜
512GB
CPUCore m3Core i5 Core i7
Touch Bar上位機種のみ
重量0.92 kg1.35 kg1.37 kg1.83 kg
バッテリ(最大)10時間12時間10時間
SDXCカード1スロット
USB 32ポート
USB-C1ポート
Thunderbolt 3 2〜4ポート 4ポート
Thunderbolt 2 1ポート

手持ちの機器を活かすならMacBook Air

iPhoneやiPadにはUSBケーブルが付属しています。

実は現行のMacBookの中でこのiPhoneやiPad付属のUSBケーブルを直接接続できるのはMacBook Airのみです。

Air以外のMacBookではiPhoneやiPadは変換機器を間に挟まなければ接続できないのです。

また、SDカードを直接挿せるのもMacBook Airのみです。

現在、iPhoneやiPad以外にもハードディスクなどUSB機器が多数あり、SDカードもデジカメ等でよく使われています。

逆にUSB-CやThunderbolt 3の機器はまだ普及しておらず高価です。

そのため、手持ちの機器との活かすならMacBook Airがおすすめです。

欠点はRetineでないことくらい

しかも、MacBook Airは最も安価でバッテリ駆動時間も12時間と他の機種より2時間長いです。

性能も特殊な用途に使わない限り問題はありません。

唯一問題があるとすれば画面がRetineでないことくらいです。

Retinaとは画素が人間に判別できないくらい細かい画面のことです。

MacBook ProのRetina画面を見た後、MacBook Airの画面を見ると画素の粗さが実感できます。

これが許容できればMacBook Airは大変おすすめです。

ちなみに安価なWindowsのノートにはRetina画面の機種などありません(Windowsの画面は荒いのが普通です)。

MacBook Air MQD32J/A
アップル
1.8GHz Dual Core i5 / 8GB / 128GB
MacBook Air MQD42J/A
アップル
1.8GHz Dual Core i5 / 8GB / 256GB

持ち歩くならMacBook 12

MacBookシリーズで最小、最軽量なのが12インチのMacBookです。

画面サイズも最小ですが、MacBook Airと違って綺麗なRetineです。

ポートがUSB-Cの1つだけ

MacBook(無印)で面倒なのは使えるポートがUSB-Cの1つしかないことです。

USB-CはiPhoneやiPad付属のUSBケーブルなどとは形状が異なります。

しかも、MacBookも充電もこの1つしかないUSB-Cで行うという徹底ぶりです。

SDカードスロットもありません。

そのため、MacBook(無印)にiPhoneやSDカードを接続するならこんなUSB-Cハブを使うと便利です。

13インチのRetinaならMacBook Pro 13

MacBook(無印)は綺麗なRetina画面ですが、画面サイズはMacBook Airより小さい12インチです。

より大きなRetinaとなると13.3インチのMacBook Pro 13となります。

Thunderbolt 3の問題

MacBook ProのポートはMacBook(無印)のUSB-C以上に対応機器が少ない、Thunderbolt 3だけです。

そのため、iPhoneやSDカードを接続するならこんな機器が必要になります。

重量級アプリを使うならMacBook Pro 15

MacBook Pro 15はMacBook Pro 13より9万円も高くなっています。

この9万円は画面サイズが大きいからだけなく、高速CPUと大容量メモリを搭載しているためです。

長時間の動画編集のような重い処理を日常的にするのであれば、MacBook Pro 15一択です。

コメント