MacBookの比較と用途別のおすすめ

Macには大きく3種類の形状があります。

MacBook ノート型
iMac デスクトップ一体型
Mac mini デスクトップ型

中でも最も人気があり、かつ一般的なのはノート型のMacBookです。

MacBookといっても次の3種類がありますが、どれを選べばいいでしょうか。

  • MacBook Air
  • MacBook Pro 13
  • MacBook Pro 15
スポンサーリンク

すべてのMacBookがおすすめ

WindowsのノートPCとの一番の違いはこれだと思います。

MacBookのメーカーはアップルのみですが、WindowsのノートPCはたくさんのメーカーから発売されています。

しかし、現行機種にもかかわらず性能が低すぎてまともに使えない、または使いこなすのに苦労するクセの強いWindowsノートPCもたくさんあります。

特に初心者が選びがちな安価なWindowsノートPCにはそのような使い物にならないものが多くあります。

しかし、MacBookには性能が低すぎて使えない機種もクセの強い機種もありません。

すべてのMacBookが初心者も含めて誰にでもおすすめできます。

比較表

MacBook
Air
MacBook
Pro 13
MacBook
Pro 15
画面サイズ 13.3インチ 15.4インチ
解像度 2,560×1,600 2,880×1,800
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
256GB
512GB
CPU 第8世代
Core i5
第8世代
Core i7
第9世代
Core i7
Core i9
Touch Bar
重量 1.25kg 1.37kg 1.83kg
バッテリ(最大) 12時間 10時間
USB-C 2ポート 2ポート
4ポート
4ポート

MacBook Air

スタンダードなMacBookです。

特に重い処理もしないならこれを選ぶことになるかと思います。

MacBook Pro 13

高性能を持ち運ぶならこちら。

MacBook Pro 15

MacBook Pro 15はMacBook Pro 13より10万円以上も高くなっています。

この9万円は画面サイズが大きいからだけなく、高速CPUと大容量メモリを搭載しているためです。

Parallels Desktopのような仮想化ソフトで、WindowsとmacOSの両方で重いソフトを動かすのであれば、MacBook Pro 15一択です。

未使用・中古

型落ちでも十分戦えるMacBookは多いため、安価な未使用・中古もおすすめです。 未使用・中古のMacBook

コメント