MacBookのワードやエクセルを安く購入する

WindowsユーザーがMacへの移行を考える時、心配なことの1つにワード(Word)やエクセル(Excel)といったマイクロソフトOfficeがあります。

Macでワードやエクセルは使えるのか?

使えるとしても互換性はどの程度なのか?

はい、Macでもワードもエクセルも使えます。

スポンサーリンク

ワードとエクセルの単体購入は割高

ワードとエクセルは単体でも購入できます。

しかし、単体購入は割高です。

価格
ワード(Word)16,284円
エクセル(Excel)16,284円
合計 32,568円
Word
マイクロソフト
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Excel
マイクロソフト
2台までのWindows PC / Macで利用可能

Macで使えるOfficeスイート

OfficeスイートとはワードやエクセルなどのOfficeアプリをセットにした製品です。

Macで使えるOfficeスイートには以下があります。

Microsoft 365
Personal
ワード
エクセル
単体
Office
Home and
Student
2019 for Mac
Office
Home and
Business
2019
ライセンス サブスクリプション 永続
費用(1年目) 12,984円 32,568円 26,184円 28,284円
費用(2年目) 25,968円
バージョン 最新版に
無料アップデート
2019固定
Mac 無制限
(ログインは
5台まで)
2台まで
Windows 10 2台まで 2台まで
Windows 8.1 / 7
Windows Server
iPad / iPhone
Android
ワード
エクセル
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher

(Windowsのみ)
1TB OneDrive ×

Microsoft 365 Personalがお得

Microsoft 365 PersonalとはMacとWindowsの両方でワード、エクセル、PowerPoint、Outlookが使えるサービスです。

WindowsであればWindows専用アプリのAccess(パーソナルデータベース)とPublisher(DTP)も使えます。

また、OneDrive(マイクロソフトのオンラインストレージサービス)が1TB使えます。

現在のOffice 2019が発売されたのは2019年1月のため、遅くとも2年後には新しいバージョン(現在は2019)のマイクロソフトOfficeが発売されていると思われます。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
12,984円/年(月あたり1,082円)
月あたり1,082円で Word / Excel / PowerPoint / Outlook が使える

コメント