Macのエクセル(Excel)とワード(Word)を安く購入する

WindowsユーザーがMacへの移行を考える時、心配なことの1つにエクセル(Excel)やワード(Word)といったマイクロソフトOfficeがあります。

Macでエクセルやワードは使えるのか?

使えるとしても互換性はどの程度なのか?

はい、Macでもエクセルとワードは使えます。

しかも、Windowsより安く使えるのです。

Windowsと同じOffice 2016

現在、マイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2016です。

Office 2016はExcel 2016やWord 2016などのOfficeアプリがセット(オフィススイートと呼ばれます)になった製品です。

Office 2016でやっとMacでもWindowsでも同じバージョンのマイクロソフトOfficeが使えるようになり、Officeのバージョン違いによる互換性の問題がなくなりました。

Office 2016の登場以前はMacとWindowsで同じバージョンのOfficeを使うことはできなかったのです。

Mac Windows 発売年
Office 2016 2015年
Office 2013 2013年
Office 2011 2010年
Office 2010 2010年
Office 2008 2008年
Office 2007 2007年
Office 2004 2004年
Office 2003 2003年

MacだけのHome & Student版

Excel 2016とWord 2016は単体でも購入できます。

単体の価格はMacでもWindowsでも同じでExcelとWordを両方買うと31,968円(税込)です。

Mac版価格(税込) Windows版価格(税込)
Excel 2016 15,984円 15,984円
Word 2016 15,984円 15,984円
合計 31,968円 31,968円

しかし、MacならOffice 2016 Home & Studentを購入することで25,704円でExcelとWordだけでなくPowerPointとOneNoteも手に入ります。

Home & Student Personal Home & Business
Mac版
価格(税込)
25,704円 37,584円
Windows版
価格(価格)
32,184円 37,584円
商用利用
Excel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook

Home & Studentとは名前の通り、家庭と学生向けのOffice 2016でMacにのみ存在します(日本以外ではWindows版のHome & Studentが売られている国もあります)。

ExcelとWordを単体で購入した場合の31,968円より6,264円も安く購入できるうえ、PowerPointとOneNoteも含まれています。

それに対し、Windowsの一番安いOffice 2016はPersonalの32,184円ですが、ExcelとWordを単体購入したほうが安くつきます。

PersonalにはOutlookが含まれますので会社でOutlookを使う人にとっては安いのかもしれませんが。。。

安さの理由

Home & BusinessはMac版とWindows版の両方がありますが、両方同じ価格です。

つまり、Mac用のOfficeだからHome & Studentが安いわけではありません。

Home & Studentが安いのは商用利用ができないためです。

商用利用とは仕事に使うことで、例えば会社でHome & Studentを使うとラインセンス違反となります。

商用利用しないならお買い得なOffice Home & Student 2016はとてもお買い得です。