Macのエクセルやワードを安く購入する

エクセル

WindowsユーザーがMacへの移行を考える時、心配なことの1つにエクセル(Excel)やワード(Word)といったマイクロソフトOfficeがあります。

Macでエクセルやワードは使えるのか?

使えるとしても互換性はどの程度なのか?

はい、Macでもエクセルとワードは使えます。

Windows版と同じOffice 2016

現在、マイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2016です。

Office 2016はExcel 2016やWord 2016などのOfficeアプリがセット(オフィススイートと呼ばれます)になった製品です。

Office 2016でやっとMacでもWindowsでも同じバージョンのマイクロソフトOfficeが使えるようになり、Officeのバージョン違いによる互換性の問題がなくなりました。

Office 2016の登場以前はMacとWindowsで同じバージョンのOfficeを使うことはできなかったのです。

Mac Windows 発売年
Office 2016 2015年
Office 2013 2013年
Office 2011 2010年
Office 2010 2010年
Office 2008 2008年
Office 2007 2007年
Office 2004 2004年
Office 2003 2003年

商用利用しないなら安く買える

Excel 2016とWord 2016は単体でも購入できます。

単体の価格はMacでもWindowsでも同じでExcelとWordを両方買うと31,968円(税込)です。

Mac版価格(税込) Windows版価格(税込)
Excel 2016 15,984円 15,984円
Word 2016 15,984円 15,984円
合計 31,968円 31,968円

しかし、マイクロソフトOfficeの商用利用できないエディションであればもっと安い価格でExcelとWordだけでなく他のOfficeソフトも手に貼ります。

商用利用とは仕事に使うことで、例えば会社やアルバイトのために使うとラインセンス違反となります。

商用利用しないならお買い得なOffice Home & Student 2016はとてもお買い得です。

Home & Student Personal Home & Business Academic
Mac版
価格(税込)
25,704円 37,584円 16,704円
Windows版
価格(税込)
32,184円 37,584円 27,508円
商用利用
購入制限 無し Prime Student会員
のみ
Excel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook

学生なら

AmazonのPrime Studentに会員登録できる学生であれば16,704円でOffice Academic 2016 for Macを購入できます。

Prime StudentとはAmazonの学生向け会員サービスです。

マイクロソフトOfficeは数万円が必要な高価なソフトです。 仕事でお金を稼ぐために使うのであれば数万円などまったく問題になりませんが、学生が勉強のために使うにはちょっと高いです。 目次1 Prime Student会員...

会員登録には学校のメールアドレス等が必要です。

年会費が1,900円かかるもののOffice Academicを購入するのであれば余裕で元が取れます。

たとえ、Office Academicを購入しないにしても学生であれば登録しておいて損はない内容です。

学校を卒業しても商用利用しなければ使うことができます。

学生でなければ

Office 2016 Home & Studentを購入することで25,704円でExcelとWordだけでなくPowerPointとOneNoteも手に入ります。

Home & Studentとは名前の通り、家庭と学生向けのOffice 2016でMacにのみ存在します(日本以外ではWindows版のHome & Studentが売られている国もあります)。

ExcelとWordを単体で購入した場合の31,968円より6,264円も安く購入できるうえ、PowerPointとOneNoteも含まれています。

それに対し、Windowsの一番安いOffice 2016はPersonalの32,184円ですが、ExcelとWordを単体購入したほうが安くつきます。

PersonalにはOutlookが含まれますので会社でOutlookを使う人にとっては安いのかもしれませんが。。。

商用利用しないならお買い得なOffice Home & Student 2016はとてもお買い得です。

Office 365 Soloがお得になる場合

以下のいずれかにあてはまる場合はHome & StudentよりOffice 365 Soloのほうがお得になります。

  • 商用利用する
  • WindowsでもマイクロソフトOfficeを使う
  • 大容量のオンラインストレージが必要

Office 365 Soloとは年間12,744円で以下のOfficeアプリとサービスを使える契約です。

  • 1TBのOneDrive(オンラインストレージ)
  • Excel (Mac版とWindows版の両方)
  • Word (Mac版とWindows版の両方)
  • PowerPoint (Mac版とWindows版の両方)
  • Outlook (Mac版とWindows版の両方)
  • Access (Windows版のみ)
  • Publisher (Windows版のみ)

最大2台までのMacかWindowsで使うことができます。

MacとWindowsでも、Mac 2台でも、Windows 2台でもOKです。

年間12,744円かかるものの、Mac版とWindows版のOfficeを別個に買い揃えるよりお得です。

さらに1TBのOneDriveが使えますので、大容量もオンラインストレージが必要が場合もやはりOffice 365 Soloがお得です。