Macで簡単にWindowsアプリを使う

Microsoft Remote Desktop

MacでWindowsを使う簡単な方法

Mac(Intel MacとM1 Mac)でWindowsを使う方法には以下があります。

  • BootCamp
  • Parallels Desktop
  • Windows 365
  • Windows Server VPS
M1 Mac Intel Mac
BootCamp
Parallels Desktop
Windows 365
Windows Server VPS

現在、主流となっているM1 MacではBootCampはサポートされません。

Intel Macなら使えますが、Windowsのライセンスを購入してMacにインストールする必要があり、macOSとWindowsを同時に使うこともできません。

Parallels DesktopならmacOSとWindowsを同時に使えますが、Windowsのライセンスに加え、さらにParallels Desktopのライセンス購入が必要です。

また、macOSとWindowsが同時に使えるということはそれだけメモリを必要とします。

特にメモリ8GBのIntel Macではかなり工夫しないと快適には使えません。

MacでWindowsを動かすのではなく、クラウド上のWindowsにMacからリモート接続することで事実上、MacでWindowsが使えるようにするサービスもあります。

Windowsの開発元であるマイクロソフトが公式に提供しているのがWindows 365です。

しかし、Windows 365は法人向けサービスであり、料金的にも敷居が高すぎます。

他にクラウド上のWindowsを提供するサービスとしてはWindows Server VPSの仮想デスクトップがあります。

VPSのWindows仮想デスクトップにMacからリモート接続してWindowsアプリを使うことができます。

Windows Server VPSはWindows 365よりはるかに料金が安く、個人でも手軽に使えます。

そのため、MacでWindowsを使う最も簡単、手軽な方法としてはこのWindows Server VPSが最有力候補と思われます。

Microsoft Remote Desktopをインストール

MacからVPS仮想デスクトップに接続するため、Mac App Storeから「Microsoft Remote Desktop」アプリをインストールします。

Microsoft Remote DesktopはM1 Macにもネイティブ対応しています。

Microsoft Remote Desktop
Microsoft Corporation

Windows Server VPS仮想デスクトップの起動

VPS仮想デスクトップの起動方法はサービスによって異なりますが、この記事では最新のWindows Server 2022のVPSを提供しているABLENET(エイブルネット)での手順を記載しています。

\ 無料でお試し /

Windows Server 2022 VPSを試すには上のリンク先のページ右上にある「申し込む」をクリックします。

ABLENET VPS

Windowsに必要なメモリとストレージによってWin1〜Win4プランを選択します。

  • 同じプランでもSSDよりHDDのほうが大容量(Win2プランのみSSDが大容量)ですが、速度の面でやはりHDDよりSSDかと。
  • Win3とWin4は初期費用無料ですが、Win1とWin2は初期費用がかかります。
ABLENET サービスプラン

ちょっとわかりづらいのがRDS(リモートデスクトップサービス)ライセンスで利用するユーザー数分必要です。利用するのが1人だけなら「1」です。

RDS(リモートデスクトップサービス)ライセンス

前述の通り、Windows Serverの最新バージョンは2022です。

以下からWindows Serverのバージョンを選びお進みください。

サーバーの準備が整うとABLENETからWindows Server VPSを使用するための情報が記載されたメールが届きます。

そのメールが届いた時点でWindows Server VPSは起動しています。

MacからWindows Serverへの接続

Microsoft Remote Desktopを起動し、「Add PC」をクリックします。

Add PC

「PC name」にABLENETからのメール中に記載されている「Windows Server設定情報」のコンピュータのIPアドレスを入力し、「Add」をクリックします。

Add PC

追加したIPアドレスのWindows PCをダブルクリックします。

Microsoft Remote Desktop

「Username」に「Administrator」、「Password」にメールに記載されている「初期パスワード」を入力し、「Continue」をクリックします。

Enter Your User Account

MacのデスクトップにWindows 10のような画面(実際にはWindows Server 2022 VPSの仮想デスクトップ)が現れます。

Microsoft Remote Desktop

Windowsアプリをインストール

後はWindowsの画面内で好きなWindowsアプリをインストールできます。

Windows Server VPSはM1 MacでもIntel Macでも使えます。

\ 無料でお試し /

コメント

タイトルとURLをコピーしました