M1 MacでWindowsアプリを使う

Microsoft Remote Desktop

M1 MacでWindowsを使うベターな方法

Mac(Intel MacとM1 Mac)でWindowsを使う方法には以下があります。

  • BootCamp
  • Parallels Desktop
  • Windows 365
  • Windows Server VPS
M1 Mac Intel Mac
BootCamp
Parallels Desktop Insider Previewのみ
Windows 365
Windows Server VPS

まず、BootCampはM1 Macではサポートされません。

Parallels DesktopはWindows on ARMをサポートしているのですが、Windows on ARMは一般販売されておらず、現状使えるのは正式版ではないInsider PreviewのWindows 11 on ARMのみです。

MacでWindowsを動かすのではなく、クラウド上のWindowsにMacからリモート接続することで事実上、MacでWindowsが使えるようにするサービスもあります。

Windowsの開発元であるマイクロソフトが公式に提供しているのがWindows 365です。

しかし、Windows 365は法人向けサービスであり、料金的にも敷居が高すぎます。

他にクラウド上のWindowsを提供するサービスとしてはWindows Server VPSの仮想デスクトップがあります。

VPSのWindows仮想デスクトップにMacからリモート接続してWindowsアプリを使うことができます。

Windows Server VPSはWindows 365よりはるかに料金が安く、個人でも手軽に使えます。

そのため、M1 Mac(Intel Macでも使えますが)でWindowsを使うベターな方法としてはこのWindows Server VPSが最有力候補と思われます。

スポンサーリンク

Microsoft Remote Desktopをインストール

MacからVPS仮想デスクトップに接続するため、Mac App Storeから「Microsoft Remote Desktop」アプリをインストールします。

Microsoft Remote DesktopはM1 Macにネイティブ対応しています。

Microsoft Remote Desktop
Microsoft Corporation

Windows Server VPS仮想デスクトップの起動

VPS仮想デスクトップの起動方法はサービスによって異なりますが、この記事ではWindows Server 2022のVPSを提供しているABLENET(エイブルネット)での手順を記載しています。

Windows Server 2022の仮想デスクトップのUIはWindows 10とほとんど同じだからです。

\ まずは10日間お試し /

Windows Server 2022 VPSを試すには上のリンク先のページ右上にある「申し込む」をクリックします。

ABLENET VPS

Windowsに必要なメモリとストレージによってWin1〜Win4プランを選択します。

  • 同じプランでもSSDよりHDDのほうが大容量(Win2プランのみSSDが大容量)ですが、速度の面でやはりHDDよりSSDかと。
  • Win3とWin4は初期費用無料ですが、Win1とWin2は初期費用がかかります。
ABLENET サービスプラン

ちょっとわかりづらいのがRDS(リモートデスクトップサービス)ライセンスで利用するユーザー数分必要です。利用するのが1人だけなら「1」です。

RDS(リモートデスクトップサービス)ライセンス

前述の通り、Windows ServerのバージョンはUIがWindows 10とそっくりな2022がおすすめです。

以下からWindows Serverのバージョンを選びお進みください。

サーバーの準備が整うとABLENETからWindows Server VPSを使用するための情報が記載されたメールが届きます。

そのメールが届いた時点でWindows Server VPSは起動しています。

スポンサーリンク

MacからWindows Serverへの接続

Microsoft Remote Desktopを起動し、「Add PC」をクリックします。

Add PC

「PC name」にABLENETからのメール中に記載されている「Windows Server設定情報」のコンピュータのIPアドレスを入力し、「Add」をクリックします。

Add PC

追加したIPアドレスのWindows PCをダブルクリックします。

Microsoft Remote Desktop

「Username」に「Administrator」、「Password」にメールに記載されている「初期パスワード」を入力し、「Continue」をクリックします。

Enter Your User Account

MacのデスクトップにWindows 10のような画面(実際にはWindows Server 2022 VPSの仮想デスクトップ)が現れます。

Microsoft Remote Desktop

Windowsアプリをインストール

後はWindowsの画面内で好きなWindowsアプリをインストールできます。

Windows Server VPSはM1 Macだけでなく、Intel Macでも使えます。

Parallels Desktopで(Insider Previewでない)正規のWindowsが使えるIntel MacでWindows Server VPSを使うメリットはMacのメモリやストレージをほとんど使わないことです。

\ まずは10日間お試し /

コメント

タイトルとURLをコピーしました