MacとWindowsでファイルを共有する

MacでWindowsを使っているとmacOSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います。

MacとWindows間のファイル共有の方法はいくつかあります。

  • Boot Camp
  • 仮想化ソフトの共有フォルダ
  • 外付けストレージ
  • オンラインストレージ
スポンサーリンク

Boot Camp

Boot Campには書き込み可能な形でファイル共有する仕組みはありません。

読み出しアクセスもできない場合があります。

そのため、後述の外付けストレージやオンラインストレージを利用することになると思います。

macOSからWindows OSのファイルを読み出す

MacでFinderを起動すると左側に「BOOTCAMP」という名前のボリュームがマウントされています。

このボリュームがWindowsのCドライブのため、

/Users/ユーザー名/Documents

等からファイルを読み出すことができます。

ただし、BOOTCAMPボリュームは読み出し専用のため、書き込みはできません。

また、WindowsがBitLockerによって暗号化されている場合、読み出しもできません。

Windows OSからmacOSのファイルを読み出す

最新のmacOS(Yosemite以降)ではWindows OSからmacOSのファイルを読み出すことはできません。

古いmacOSであれば、Boot CampのWindowsでエクスプローラーを起動すると「Macintosh HD」というドライブがあります。

そのドライブを介してmacOSのファイルを読み出せます。

ただし、読み出し専用で書き込みはできません。

さらに古いmacOSであってもMacのストレージがFusion Driveの場合はWindowsからは読み出しアクセスもできません。

Parallels Desktopの共有フォルダ

仮想化ソフトのParallels DesktopではMacとWindowsでファイルを共有するための共有フォルダを設定できます。

MacとWindowsの双方でファイルの読み書きが可能です。

Boot CampのWindows環境は簡単にParallels Desktopに移行することができます。

外付けストレージ

MacにUSB HDDやUSBメモリなどの外付けストレージを接続すると、MacとWindowsのファイル共有に使えます。

FAT32

通常、USB HDDやUSBメモリは「FAT32」でフォーマットされた状態で販売されています。

FAT32はMacでもWindowsでも読み書き可能なため、購入してすぐにMacとWindowsのファイル共有のために使うことができます。

ただし、FAT32には1ファイルのサイズが4GBまでという制限があり、4GBを超えるファイルは扱えません。

exFAT

通常の(後述のG-Technology製品でない)外付けストレージで大きな動画ファイルなど、4GBを超えるファイルを扱う場合には「exFAT」でフォーマットする必要があります。

exFATならファイルのサイズ制限はなく、MacでもWindowsでも読み書きできます。

MacでLaunchpad(ロケットのアイコン)から「その他」グループを開き、ディスクユーティリティを起動します。

左側の「外部」にある外付けストレージを選択し、「消去」を押下すると「xxxを消去しますか?」の画面が表示されます。

「フォーマット」で「exFAT」を選択し、「消去」を押下すればexFATでフォーマットされます。

外付けストレージ内のデータはすべて消去されますので注意が必要です。

exFAT

HFS+

FAT32やexFATは古い時代のファイルシステムです。

これらがMacでもWindowsでも読み書きできるのは単にファイルシステムの構造が単純だからにすぎません。

Macの現在のファイルシステムはあくまでHFS+です。

HFS+はWindowsでは読み書きすることはできません。

しかし、G-Technologyの外付けストレージならHFS+をWindowsで読み書きできます。

HFS+をWindowsからNTFS(Windowsのファイルシステム)として見せる機能があるためです。

そのためもし、MacとWindowsのデータ共有のために外付けストレージを購入するのでしたら、このG-Technologyがおすすめです。

オンラインストレージ

MacとWindows間の共有手段としてオンラインストレージを使うのは簡単なだけでなく、データのバックアップにもなります。

下表はMacとWindowsとのデータ共有に使えるオンラインストレージです。

料金はすべて税込です。

DropBox
Plus
iCloud
Drive
OneDrive
(Office 365 Solo)
Evernote
プレミアム
容量 2TB 50GB~
2TB
1TB 無制限
ファイルサイズ制限 200MB
転送量制限 10GB/月
付加価値 マイクロソフトOffice Evernote
料金 15,552/年
(1,296円/月換算)
50GB:130円/月
200GB:400円/月
2TB:1,300円/月
12,744円/年
(1,062円/月換算)
5,200円/年
(434円/月換算)

Dropbox Plus

オンラインストレージとして最も有名で定番なのがDropboxです。

上の表は公式サイトの料金ですが、以下のリンクは公式サイトより安くなっています。

【17%OFF】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
6月30日(日)まで17%OFF
公式価格より14,400円お得
2TBの大容量

iCloud Drive

iCloudとはアップル標準のオンラインストレージです。

iCloudの機能の1つに通常のファイルを保存できるiCloud Driveがあります。

WindowsでiCloudのデータを同期するためにはiCloud for Windowsが必要です。

問題は料金で、前述のDropboxのように安く購入できる方法は見当たりません。。。

OneDrive (Office 365 Solo)

Office 365 Soloなら以下のすべてが月あたり1,062円で使えます。

  • 1TBのOneDrive (オンラインストレージ)
  • Mac版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook)
  • Windows版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)
  • 毎月60分のSkypeクレジット

オンラインストレージとマイクロソフトOfficeの両方を使うなら、Office 365 Soloが圧倒的にお得です。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Evernote プレミアム

200MBを超えるファイルを共有しないなら、Evernoteをオンラインストレージとして使う手もあります。

Evernoteプレミアムならノートに200MBまでのファイルを添付できるためです。

無制限の容量が使え、ファイルとメモを関連付けできるのがEvernoteを使うメリットです。

Evernoteの公式サイトだとプレミアムプランは5,200円/年なのですが、それより安い価格でEVERNOTEプレミアムパックを購入できるのであればそちらがお得です。

コメント