MacとWindowsでファイル共有する

MacとWindowsとの間でファイルを共有するのはどうしたらいいでしょうか。

ファイル共有方法の比較

BootCamp、Paralles Desktopに加え、MacとLAN接続されたWindows PCの3パターンでファイル共有方法を比較したのが以下の表です。

BootCamp Parallels Desktop LAN接続の
Windows PC
Parallels Desktop
共有機能
× ×
SMB ×
BOOTCAMP
ボリューム
Macからの
読み出しのみ
× ×
exFAT
パーティション
×
NAS
オンラインストレージ

Parallels Desktopの共有

Paralles DesktopとはMac上でWindowsを動作させる仮想化ソフトです。

Parallels DesktopにはMacとWindows間でフォルダーやボリュームを共有するための「共有」機能があります。

Macのフォルダを共有してWindowsからネットワークドライブとしてアクセス、

Macを共有する

反対にWindowsのフォルダを共有してMacのFinderの「ネットワーク」からアクセスできます。

Windowsを共有する

Macの使っているオンラインストレージ(iCloud、Dropbox、Google Drive)をWindowsのネットワークドライブに割り当てる機能もあります。

iCloud、Dropbox、Google Drive

M1 Macで使えるWindows on ARMにDropboxのデスクトップアプリをインストールしようとしても「ご利用のデバイスはこのバージョンのDropboxアプリに対応していません。」と表示され、使えません。

ご利用のデバイスはこのバージョンのDropboxアプリに対応していません

上図の通り、Sモード版Dropboxなら使えるのですが、Sモード版はDropboxのビューワでしかなくローカルファイルの同期はできません。

そのため、Windows on ARMではParallles Desktopの共有機能でDropboxのファイルにアクセスします。

SMB

SMB(Server Message Block)とはWindowsがファイルやプリンターを共有するためのプロトコルです。

MacもSMBをサポートしており、Macとネット接続されたWindows PCとの間でファイルを共有できます。

Parallels Desktopでもセキュリティ上の理由などで「MacからWindowsを分離」する場合があります。

MacからWindowsを分離する

そのような場合、Paralles Desktopの共有機能は使えないため、SMBでファイルを共有します。

BOOTCAMPボリューム

BootCampでWidowsがインストールされているMacでFinderを起動すると左側に「BOOTCAMP」という名前のボリュームがマウントされています。

BOOTCAMPボリューム

このボリュームはBootCampにインストールされたWindowsのCドライブにあたるため、

等からファイルを読み出すことができます。

ただし、BOOTCAMPボリュームは読み出し専用のため、書き込みはできません。

また、WindowsがBitLockerによって暗号化されている場合、読み出しもできません。

exFATパーティション

exFATとはMacでもWindowsでも読み書きるストレージ(ハードディスクやSSD)のフォーマットです。

exFAT

以下のようなストレージの一部、または全部をexFATパーティションにしてMacとWindowsでファイルを共有できます。

なお、Paralles DesktopのWindowsからMacに認識されているexFATパーティションにアクセスするにはParallelsの「Macを共有する」の「MacボリュームをWindowsに割り当てる」をONにします。

MacボリュームをWindowsに割り当てる

ONにするとMacに認識されているexFATパーティションがWindowsのネットワークドライブとしてマウントされます。

NAS

NAS(Network Attached Storage)とはネットワーク上の複数のパソコンから共有されるストレージです。

USB SSDやUSD HDDと違ってexFATでフォーマットするなどの手間がかかりません。

オンラインストレージ

容量 料金 マイクロソフト
Office
iCloud Drive 50GB 130円/月
200GB 400円/月
2TB 1,300円/月
Dropbox
Plus
2TB 14,400円/年
OneDrive
(Microsoft 365
Personal
)
1TB 12,984円/年
OneDrive
(Microsoft 365
Family
)
6TB
(1TB/人)
18,400円/年

iCloud Drive

iCloudとはアップルのクラウドサービスです。

iCloudの機能の1つに通常のファイルを同期できるiCloud Driveがあります。

WindowsでもiCloud for Windowsをインストールすればファイルを同期できます。

しかし、Windowsでの使い勝手はDropboxやOneDriveに比べて良くありません。

アップル製以外でiCloud対応のサービスもないのでは……

Dropbox Plus

オンラインストレージとしてもっとも有名で定番なのがDropboxです。

Dropbox対応のサービスも多数あります。

上の表は公式サイトの料金ですが、実際には以下から公式サイトより安く購入できます。

OneDrive

OneDriveはWindows標準のオンラインストレージです。

iCloud Driveとは逆にMacでの使い勝手は良くありません。

OneDriveを使うMicrosoftアカウントでMicrosoft 365 Personalを購入することで以下が使えるようになります。

  • 1TBの容量
  • Mac版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook)
  • Windows版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)
  • 毎月60分のSkypeクレジット

最大6人で使えるMicrosoft 365 Familyなら、なんと6TB(1TB/人)が使えます(ただし、Microsoft 365 Familyは商用利用できません)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました