MacとWindowsでファイルを共有する

MacでWindowsを使っているとmacOSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います。

MacとWindows間のファイル共有の方法はいくつかあります。

  • Boot Camp
  • 仮想化ソフトの共有フォルダ
  • 外付けストレージ
  • オンラインストレージ
スポンサーリンク

Boot Camp

Boot Campには書き込み可能な形でファイル共有する仕組みはありません。

読み出しアクセスもできない場合があります。

そのため、後述の外付けストレージやオンラインストレージを利用することになると思います。

macOSからWindows OSのファイルを読み出す

MacでFinderを起動すると左側に「BOOTCAMP」という名前のボリュームがマウントされています。

このボリュームがWindowsのCドライブのため、/Users/ユーザー名/Documents 等からファイルを読み出すことができます。

ただし、BOOTCAMPボリュームは読み出し専用のため、書き込みはできません。

また、WindowsがBitLockerによって暗号化されている場合、読み出しもできません。

Windows OSからmacOSのファイルを読み出す

最新のmacOS(Yosemite以降)ではWindows OSからmacOSのファイルを読み出すことはできません。

古いmacOSであれば、Boot CampのWindowsでエクスプローラーを起動すると「Macintosh HD」というドライブがあります。

そのドライブを介してmacOSのファイルを読み出せます。

ただし、読み出し専用で書き込みはできません。

さらに古いmacOSであってもMacのストレージがFusion Driveの場合はWindowsからは読み出しアクセスもできません。

Parallels Desktopの共有フォルダ

仮想化ソフトのParallels DesktopではMacとWindowsでファイルを共有するための共有フォルダを設定できます。

MacとWindowsの双方でファイルの読み書きが可能です。

Boot CampのWindows環境は簡単にParallels Desktopに移行することができます。

外付けストレージ

MacにUSB HDDやUSBメモリなどの外付けストレージを接続すると、MacとWindowsのファイル共有に使えます。

通常、USB HDDやUSBメモリは「FAT32」でフォーマットされた状態で販売されています。

FAT32はMacでもWindowsでも読み書き可能なため、購入してすぐにMacとWindowsのファイル共有のために使うことができます。

4GB以上のファイルを共有する場合

FAT32には1ファイルのサイズが4GBまでという制限があります。

大きな動画ファイルなど、4GBを超えるファイルを扱う場合には外付けストレージを「exFAT」でフォーマットする必要があります。

exFATならファイルのサイズ制限はなく、MacでもWindowsでも読み書きできます。

MacでLaunchpad(ロケットのアイコン)から「その他」グループを開き、ディスクユーティリティを起動します。

左側の「外部」にある外付けストレージを選択し、「消去」を押下すると「xxxを消去しますか?」の画面が表示されます。

「フォーマット」で「exFAT」を選択し、「消去」を押下すればexFATでフォーマットされます。

外付けストレージ内のデータはすべて消去されますので注意が必要です。

exFAT

オンラインストレージ

MacとWindows間の共有手段としてオンラインストレージを使うのは簡単なだけでなく、データのバックアップにもなります。

下表はMacとWindowsとのデータ共有に使えるオンラインストレージです。

料金はすべて税込です。

DropBox
Plus
OneDrive
(Office 365 Solo)
Evernote
プレミアム
容量1TB1TB無制限
ファイルサイズ制限200MB
転送量制限10GB/月
付加価値マイクロソフトOfficeEvernote
料金 12,960/年
(1,080円/月換算)
12,744円/年
(1,062円/月換算)
5,200円/年
(434円/月換算)

Dropbox Plus

オンラインストレージとして最も有名で定番なのがDropboxです。

ただ、料金でも付加価値でもはOneDriveに一歩譲ります。

【4%OFF】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
12,000円11,500円

OneDrive (Office 365 Solo)

Office 365 Soloなら以下のすべてが月あたり1,062円で使えます。

  • 1TBのOneDrive (オンラインストレージ)
  • Mac版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook)
  • Windows版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)
  • 毎月60分のSkypeクレジット

オンラインストレージとマイクロソフトOfficeの両方を使うなら、Office 365 Soloが圧倒的にお得です。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Evernote Premium 3年版

200MBを超えるファイルを共有しないなら、Evernoteをオンラインストレージとして使う手もあります。

Evernoteプレミアムならノートに200MBまでのファイルを添付できるためです。

無制限の容量が使え、ファイルとメモを関連付けできるのがEvernoteを使うメリットです。

Parallels Desktop 14購入で60,000円以上のアプリが無料!!

  • Parallels Desktop 14 for Mac
  • Acronis True Image 2019 Cyber Protection Premium (定価11,000円)
  • PDF Expert 2.4 (定価8,760円)
  • Painter Essentials 6 (定価7,800円)
  • Cylance Smart Antivirus (定価7,700円)
  • TrackOFF (定価7,200円)
  • 1Password Families (定価7,200円)
  • Pocket Premium (定価5,400円)
  • WinZip Mac 6.5 Pro (定価3,700円)
  • Parallels Toolbox (定価2,300円
  • Parallels Access (定価2,000円)

2019年3月1日(金)16:59までの期間限定

詳細はこちら

MacでWindowsを使う
MacでWindowsを使う

コメント