MacとWindowsのキーボード

Macのキーボード

MacとWindowsの両方を使っているとキーボードの違いにとまどいます。

スポンサーリンク

MacとWindows PCのキーボードの違い

次の写真は上がMacのキーボード、下がWindows PCのキーボードですが、そもそも物理的な違いがあります。

Macのキーボードにないキー

Windows PCのキーボードにはあってもMacのキーボードにはないキーがあります。

そのため、Boot Camp(Windows)ではMacに存在するキーをマッピングしています。

Windows PCだけのキー Boot Campのキーマッピング
Win
Alt
Back Spacedelete
Delete
(Macのdeleteとは異なる)
fn + delete
App. + F10
Print Screenfn + + F11
Scroll Lockfn + + F12
Pausefn + esc
Insertfn + enter
Homefn +
Endfn +
Page Upfn +
Page Downfn +
半角/全角
無変換
変換
カタカナ・ひらがな
なし

ちなみにMacのoptionキーの右上には小さく「alt」と刻印されています。

つまり、AltキーはMacにはoptionキーとして存在するということです。

Windows PCのキーボードにないキー

Macのキーボードの以下のキーはWindows PCのキーボードにはありません。

  • 英数
  • かな

MacとWindows PCで位置が違うキー

  • control(Ctrl)キーとcaps(Caps Lock)キーはMacとWindowsで位置が逆になっています。
  • Macのdeleteの場所にはWindowsではBack Spaceがあります。

macOSとWindows OSのキーマッピングの違い

物理的なキーボードの違いに加え、キーマッピングも次の3つの環境で異なっています。

  • Mac
  • Windows(Windows PC)
  • Windows(Boot Camp)

日本語入力のON/OFF

Windows PCの半角/全角はBoot CampではなんとMacのcapsにマップされています。

つまり、日本語入力(IME)のON/OFFはcapsというわけです。

これは違和感ありまくりで、いくらなんでも酷いと思います。

日本語入力のON/OFF
macOS かなでON、英数でON
Windows(Windows PC) 半角/全角でON/OFF
Windows(Boot Camp) capsでON/OFF

コピー&ペースト(コピペ)

コピーとペースト、いわゆるコピペは頻繁に行う操作のため、キーボードショートカットで行う人が多いと思います。

一番よく使うにもかかわらず、macOS、Windows OS、Boot Campで全部操作が違います。

右手で押下するキーはC(コピー)、X(カット)、V(ペースト)で共通なのですが、左手の操作が違うのです。

コピペ時の左手の操作
macOS 左手親指で
Windows(Windows PC) 左手小指でControl
(キーボード左下)
Windows(Boot Camp) 左手小指でControl
(Aの左横)

MacとWindowsで日本語入力を統一する

そもそもWindows OSは「MS-IME」、macOSは「日本語入力」(Yosemiteまでは「ことえり」)と日本語入力システムが異なっています。

MS-IMEやMacの日本語入力より入力効率に優れ、無料で使える「Goolge日本語入力」をインストールすればMacとWindowsで日本語入力システムの操作性を統一できます。

Google日本語のキー設定を統一する

Google日本語をインストールしたら「Google 日本語入力 環境設定」画面を開き、「キー設定の選択」をmacOSとWindows OSで同じにします。

Windowsに慣れているなら「MS-IME」、Macに慣れているなら「ことえり」に統一するといいと思います。 Google日本語入力の環境設定

MacとWindowsでキーマッピングを統一する

MacとWindowsの両方をとまどいなく使うためにできる限り、キーマッピングは統一したいところです。

macOSのキーマッピングをWindows OSに合わせる

キーマッピングをmacOSではなく、Windows OSのほうに合わせる方法です。

F1〜F12キーの挙動

Windows PCのキーボードではF1〜F12は「ファンクションキー」です。

しかし、MacキーボードのF1/F2キーはディスプレイの輝度調整、F9〜F10は音量調整などに割り当てられており、ファンクションキーはfnとF1〜F12の同時押しが必要です。

MacキーボードのF1〜F12の挙動をWindowsキーボードに合わせるには以下のように設定します。

「システム環境設定」から「キーボード」の設定を開き、「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」をチェックします。 キーボード

この設定をするとディスプレイの輝度調整や音量調整などはfnキーとF1〜F12の同時押しが必要になります。

コピペの操作

以下の記事をどうぞ。

Windows (Boot Camp)のキーマッピングをWindows OSに合わせる

F1〜F12キーの挙動

Boot CampのデフォルトではF1/F2キーはディスプレイの輝度調整、F9〜F10は音量調整などのに割り当てられています。

これをWindows PCのキーボードと同じ「ファンクションキー」に割り当てるには以下のように設定します。

  1. WindowsのタスクバーのBoot Campアイコン(ひし形のアイコンです)をクリックします。
  2. 「Boot Campコントロールパネル」の「キーボード」タブを選択します。
  3. 「F1-F12キーを使用してソフトウェアの機能をコントール」にチェックします。
  4. 「OK」を押下します。

macOSの場合と同様、この設定をするとディスプレイの輝度調整や音量調整などはfnキーとF1〜F12の同時押しが必要になります。

コピペの操作

Windows(Boot Camp)ではコピペのキーアサインを変えられないため、Windows OSにもmacOSに合わせることはできません。

しかし、後述のParallels Desktopを使うとこの問題を解決できます。

Windows (Boot Camp)のキーマッピングをmacOSに合わせる

「かな」/「英数」キーで日本語入力をON/OFFする

Google 日本語入力 環境設定」画面を開き、「キー設定の選択」の「編集」を押下し、以下のようにキー設定します。

モード 入力キー コマンド
直接入力 Hiragana IMEを有効化
入力文字なし Muhenkan IMEを無効化

これでMacキーボードの「がな」キーで日本語入力ON、「英数」キーでOFFになります。

コピペの操作

前述の通り、Windows(Boot Camp)ではコピペのキーアサインを変えられないため、合わせることはできません。

後述のParallels Desktopを使うとこのこの問題を解決できます。

Parallels Desktopでキーマッピング設定する

Parallels DesktopとはmacOS上に仮想のPC環境を構築する仮想化ソフトです。

Boot CampのWindows環境をまったく手間なく仮想環境に移行し、Macを再起動する手間なく、macOSとWindows OSを同時に使うことができます。

このParallels DesktopにはBoot Camp環境を単純に仮想化するだけでなく、MacのキーをWindowsのキーに自由にマッピングできる機能があります。

Windows(Boot Camp)のキーボードが使いづらければ、Boot Campの環境をParallels Desktopに移行させるのがおすすめです。

【25%オフ】Parallels Desktop 14 for Mac
6月27日(木)16:59まで25%オフ
スポンサーリンク
MacでWindowsを使う
MacでWindowsを使う

コメント