MacとWindowsのキーボード

Macのキーボード

MacとWindowsの両方を使っているとキーボードの違いにとまどいます。

MacとWindows PCのキーボードの違い

次の写真は上がMacのキーボード、下がWindows PCのキーボードですが、そもそも物理的な違いがあります。

MacとWindowsのキーボード

Macのキーボードにないキー

Windows PCのキーボードにはあってもMacのキーボードにはないキーがあります。

そのため、Boot Camp(Windows)ではMacに存在するキーをマッピングしています。

Windows PCだけのキー Boot Campのキーマッピング
Win command
Alt option
Back Space delete
Delete (Macのdeleteとは異なる) fn + delete
App. shift + F10
Print Screen fn + shift + F11
Scroll Lock fn + shift + F12
Pause fn + esc
Insert fn + enter
Home fn + ←
End fn + →
Page Up fn + ↑
Page Down fn + ↓
半角/全角
無変換
変換
カタカナ・ひらがな
なし

ちなみにMacのoptionキーの右上には小さく「alt」と刻印されています。

つまり、AltキーはMacにはoptionキーとして存在するということです。

Windows PCのキーボードにないキー

Macのキーボードの以下のキーはWindows PCのキーボードにはありません。

  • command
  • 英数
  • かな

MacとWindows PCで位置が違うキー

  • control(Ctrl)キーcaps(Caps Lock)キーはMacとWindowsで位置が逆になっています。
  • Macのdeleteキーの場所にはWindowsではBack Spaceキーがあります。

Mac OSとWindows OSのキーマッピングの違い

物理的なキーボードの違いに加え、キーマッピングも次の3つの環境で異なっています。

  • Mac
  • Windows(Windows PC)
  • Windows(Boot Camp)

日本語入力のON/OFF

Windows PCの「半角/全角」キーはBoot CampではなんとMacのcapsキーにマップされています。

つまり、日本語入力(IME)のON/OFFはcapsキーというわけです。

これは違和感ありまくりで、いくらなんでも酷いと思います。

日本語入力のON/OFF
Mac OS 「かな」キーでON、「英数」キーでON
Windows(Windows PC) 「半角/全角」キーでON/OFF
Windows(Boot Camp) 「caps」キーでOK/OFF

コピー&ペースト(コピペ)

コピーとペースト、いわゆるコピペは頻繁に行う操作のため、キーボードショートカットで行う人が多いと思います。

一番よく使うにもかかわらず、Mac OS、Windows OS、Boot Campで全部操作が違います。

右手で押下するキーはC(コピー)、X(カット)、V(ペースト)で共通なのですが、左手の操作が違うのです。

コピペ時の左手の操作
Mac OS 左手親指でcommandキー
Windows(Windows PC) 左手小指でCtrlキー
Windows(Boot Camp) 左手小指でcontrolキー

MacとWindowsで日本語入力を統一する

そもそもWindows OSは「MS-IME」、Mac OSは「日本語入力」(Yosemiteまでは「ことえり」)と日本語入力システムが異なっています。

MS-IMEやMacの日本語入力より入力効率に優れ、無料で使える「Goolge日本語入力」をインストールすればMacとWindowsで日本語入力システムの操作性を統一できます。

詳細は以下の記事の「日本語入力」の章をどうぞ。

プライベートではWindowsからMacへ移行したのですが、職場ではまだまだWindowsです。 つまり、MacもWindow...

Google日本語のキー設定を統一する

Google日本語をインストールしたら「Google 日本語入力 環境設定」画面を開き、「キー設定の選択」をMac OSとWindows OSで同じにします。

Windowsに慣れているなら「MS-IME」、Macに慣れているなら「ことえり」に統一するといいと思います。

Google日本語入力 環境設定

MacとWindowsでキーマッピングを統一する

MacとWindowsの両方をとまどいなく使うためにできる限り、キーマッピングは統一したいところです。

Mac OSのキーマッピングをWindows OSに合わせる

キーマッピングをMac OSではなく、Windows OSのほうに合わせる方法です。

F1〜F12キーの挙動

Windows PCのキーボードではF1〜F12は「ファンクションキー」です。

しかし、MacキーボードのF1/F2キーはディスプレイの輝度調整、F9〜F10は音量調整などに割り当てられており、ファンクションキーはfnとF1〜F12の同時押しが必要です。

MacキーボードのF1〜F12の挙動をWindowsキーボードに合わせるには以下のように設定します。

「システム環境設定」から「キーボード」の設定を開き、「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」をチェックします。

キーボード

この設定をするとディスプレイの輝度調整や音量調整などはfnキーとF1〜F12の同時押しが必要になります。

コピペの操作

以下の記事を参照してください。

MacBook
WindowsからMacに切り替えた当初、コピペ(コピー・アンド・ペースト)のショートカットキーの違いに結構戸惑いました。 一...

Windows (Boot Camp)のキーマッピングをWindows OSに合わせる

F1〜F12キーの挙動

Boot CampのデフォルトではF1/F2キーはディスプレイの輝度調整、F9〜F10は音量調整などのに割り当てられています。

これをWindows PCのキーボードと同じ「ファンクションキー」に割り当てるには以下のように設定します。

  1. WindowsのタスクバーのBoot Campアイコン(ひし形のアイコンです)をクリックします。
  2. 「Boot Campコントロールパネル」の「キーボード」タブを選択します。
  3. 「F1-F12キーを使用してソフトウェアの機能をコントール」にチェックします。
  4. 「OK」を押下します。

Mac OSの場合と同様、この設定をするとディスプレイの輝度調整や音量調整などはfnキーとF1〜F12の同時押しが必要になります。

コピペの操作

Windows(Boot Camp)ではコピペのキーアサインを変えられないため、Windows OSにもMac OSに合わせることはできません。

しかし、後述のVMware Fusionを使うとこの問題を解決できます。

Windows (Boot Camp)のキーマッピングをMac OSに合わせる

「かな」/「英数」キーで日本語入力をON/OFFする

Google 日本語入力 環境設定」画面を開き、「キー設定の選択」の「編集」を押下し、以下のようにキー設定します。

モード 入力キー コマンド
直接入力 Hiragana IMEを有効火
入力文字なし Muhenkan IMEを無効化

これでMacキーボードの「がな」キーで日本語入力ON、「英数」キーでOFFになります。

コピペの操作

前述の通り、Windows(Boot Camp)ではコピペのキーアサインを変えられないため、合わせることはできません。

後述のVMware Fusionを使うとこのこの問題を解決できます。

VMware Fusionでキーマッピング設定する

VMware FusionとはMac OS上に仮想のPC環境を構築する仮想化ソフトです。

Boot CampのWindows環境を仮想環境に変換することで、Macを再起動する手間なく、Mac OSとWindows OSを同時に使うことができます。

このVMware FusionはBoot Camp環境を単純に仮想化するだけでなく、MacのキーをWindowsのキーに自由にマッピングできる機能があります。

キーマッピング

標準ではコピペのショートカットや日本語入力のON/OFFはMac OSに合わせてマッピングされています。

Macのキー 標準のキーマッピング
かな 日本語入力ON
英数 日本語入力OFF
command+C/V/X コピー&ペースト

Boot Campと同じキーマッピングやWindows OSに近い(キーボードが物理的に違うため完全に同じにはできません)キーマッピングも設定できます。

Windows(Boot Camp)のキーボードが使いづらければ、Boot Campの環境をそのままVMware Fusionに移行させるのがおすすめです。

【VMware Fusionが30%オフ!!】
MacでWindowsが使えるVMware Fusionが30%オフで購入できます。
2017年8月4日までの期間限定です。
詳しくは以下の記事をどうぞ。
MacとWindowsが同時に使えるVMware Fusion 8.5のセールが実施されています。