Macのショートカット

キーボードのショートカットは作業効率をグンとアップするのですが、ショートカットキーの一覧表を見るととても覚える気になりませでした。

そこで作業のカテゴリ毎にショートカットキーを分類し、自分がよく使うカテゴリのショートカットから覚える、比較的簡単に覚えることができました。

コピペ

WindowsからMacに乗り換えた当初はCommandキーでコピペするのに慣れなくてCommandキーがWindowsのCtrlキーと同じ位置になるように設定していました。

しかし、Macに慣れた今では小指でコピペしなければならないWindowsより親指でコピペできるMacのほうが断然やりやすいです。

ショートカットキー操作
Command + Cコピー
Command + Xカット
Command + Vペースト
Command + A全て選択
Macのコピペのショートカットキー

WindowsからMacに切り替えた当初、コピペ(コピー・アンド・ペースト)のショートカットキーの違いに結構戸惑いました。

一見、WindowsのCtrlがMacではcommandになるだけですぐに馴れそうですが、そう単純で...

ホームポジションで使えるEmacs互換のショートカット

EmacsとはUNIX系のOSでよく使われる伝統的なテキストエディタです。

Emacsにはホームポジションからcontrolキーを使ったショートカットを持っています。

左手小指で押せるホームポジションから指が離れないため、このショートカットを使うと作業効率が大きくアップします。

そしてMacにはそのEmacsと互換のショートカットがあります。

controlキー以外のショートカットでできる操作もありますが、ホームポジションから指が離れてしまうため、controlのほうを使うのがおすすめです。

ショートカットショートカット
(control以外)
操作
control + F カーソルを右へ移動
control + Bカーソルを左へ移動
control + Nカーソルを下へ移動
control + Pカーソルを上へ移動
control + Acommand + ←カーソルを行頭へ移動
(WindowsではHome)
control + Ecommand + →カーソルを行末へ移動
(WindowsではEnd)
control + Hdeleteカーソルの前の文字を削除
control + Dfn + deleteカーソルの後ろの文字を削除
(WindowsではDelete)
control + Kカーソルから行末までを削除
control + O改行を挿入
control + v上へ1ページスクロール
control + Tカーソルの左右の文字を入れ替える

カーソル移動

ショートカットキー操作
fn + ↑1ページ上にスクロール
(WindowsではPage Up)
fn + ↓1ページ下にスクロール
(WindowsではPage Down)
Command + ↑
fn + ←
ファイルの先頭に移動
Command + ↓
fn + →
ファイルの最後に移動
option + →次の単語の末尾へ移動
(WindowsではCtrl + →)
option + ←前の単語の末尾へ移動
(WindowsではCtrl + ←)

検索

ショートカットキー操作
Command + F検索ウインドウを表示
Command + G次を検索
Command + shift + G前を検索
control + スペースSpotlight検索の表示/非表示を切り替える。

ファイル

ショートカットキー操作
Command + Nファイルを新規作成。
Command + Oファイルを開く。
Command + Sファイルを保存する。
Command + Pファイルを印刷する。

スクリーンショット

ショートカットキー操作
Command + shift + 3画面全体のスクリーンショットをデスクトップに保存。
Command + shift + 3 + control画面全体のスクリーンショットをクリップボードにコピー。
Command + shift + 4画面の指定領域のスクリーンショットをデスクトップに保存。
Command + shift + 4 + control画面の指定領域のスクリーンショットをクリップボードにコピー

アプリ切り替えとウインドウ切り替え

MacとWindowsの両方を使っていると混乱するものの1つにウインドウ切り替えのショートカットとアプリ切り替えのショートカットがあります。

Windowsの場合

Windowsでのウインドウ切り換えとアプリ切り替えのショートカットに区別はなく、Alt + Tabでアプリとウインドウが切り替わります。

Alt + Tabを押していくと、複数のアプリのウインドウが次々に切り替わります。

Macの場合

ところがmacではアプリ切り替えのショートカット(command + tab)とウインドウ切り替えののショートカット(command + F1)が別になっています。

アプリのウインドウが1つであればcommand + tabでWindowsと同じ感覚で切り替えられるのですが、問題はアプリに複数のウインドウがある場合です。

目的のウインドウに切り換えるためにはまずcommand + tabで目的のアプリを切り替えてから、command + はF1で目的のウインドウに切り替えるという操作が必要になります。

ショートカットキー操作
Command + tabアプリを切り替える
Command + fn + F1アプリのウインドウを切り替える

アプリ

ショートカットキー操作
Command + Qアプリを終了する。
Command + option + esc強制終了するアプリを選択する。
Command + option + esc + shift3秒間押下すると最前面のアプリを強制終了する。
Command + Hウインドウを非表示にする。
Command + Mウインドウを最小化する。
Command + Wウインドウを閉じる。
Command + , (カンマ)アプリの環境設定を開く。

コメント