MacでWindows 11を使う

M1 MacでWindows 11

Windows 11を使える方法

MacでWindowsを使う方法は複数あるのですが、Windows 11を使えるのはParallels DesktopとWindows 365のみです。

Intel MacであればBootCampが使えますが、BootCampはWindows 11をサポートしません。

Windows 11システムの要件にはTPM 2.0(Trusted Platform Module)があるのですが、Macではそれが有効になっていないためです。

Windows 365

Windows 365とはWindows 11の仮想デスクトップを提供するサービスです。

クラウドで実行されているWindows 11にMacからインターネット経由で接続して使用します。

MacのハードウェアでWindows 11が動作するわけでありません。

MacはWindows 365にキーボード・マウス入力を転送し、Windows 365が送信するWindows 11の画面を表示するだけです。

Windows 365

そのため、Macのリソースをほとんど使わずにWindows 11を使えるメリットがあります。

しかし、料金はお高く「ローカルでなくクラウドのWindowsが必要」な理由がなければ選択肢にならないかと。

少なくともMacでWindows 11を使いたいという理由でWindows 365はコスパが悪すぎです。

Parallels Desktop

Parallels DesktopとはMac上で仮想化されたPCハードウェアを提供するソフトです。

M1 MacでもIntel Macでも使えます。

前述の通り、Windows 11のシステム要件にはTPM 2.0がありますが、Macでは有効になっていません。

しかし、Parallels Desktopが提供する仮想PCには「仮想TPMモジュール」が含まれているため、Mac上でWindows 11が使えます。

仮想TPM

Windows 11を使うにはParallels Desktopを入手して起動します。

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

「ファイル」-「新規」メニューを選択して「インストールアシスタント」 画面を表示し、「MicrosoftからWindows 11を入手」、「続行」を順にクリックします。

インストールアシスタント

「Windowsのインストール」をクリックします。

Windowsのインストール

Windows 11のダウンロードが始まります。

Windowsのインストール

ダウンロードが終わるとM1 Mac内に作成された仮想マシンにWindows 11のインストールが始まります。

それなりに時間がかかりますので気長に待ちましょう。

Windowsをインストールしています

画面をクリックします。

インストールが完了しました

「Windows使用許諾契約」が表示されるので「同意」をクリックするとインストール終了です。

Windows使用許諾契約

Windows 11の「設定」の「システム」をクリックします。

Windowsがライセンス認証されていません

「Windowsがライセンス認証されていません」と表示されているのはParallels DesktopにはWindows 11のライセンスが付属しているわけではないためです。

「ライセンス認証を今すぐ実行」をクリックします。

ライセンス認証を今すぐ実行

「デバイスにプロダクトキーが見つからなかったことがWindowsによって報告されました。エラー0xC004F213」などと表示されると思いますが、「プロダクトキーを変更する」の「変更」をクリックします。

デバイスにプロダクトキーが見つからなかったことがWindowsによって報告されました。エラー0xC004F213

Windows 11のプロダクトキーを入力します。

プロダクトキーの入力

プロダクトキーは以下から購入できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    パラレルデスクトップをインストールすれば、後は全てクリックでWindows11インストールされますよ。日本語版もに

  2. lake2017 より:

    現在、Parallels Desktop でインストールできるのは Windows 11 の正規版です。ライセンスもMicrosoft Store で購入できます。

タイトルとURLをコピーしました