Intel MacでAndroid-x86を動かす

Android-x86

MacでAndroidを使う方法

AndroidはGoogleが開発しているスマホやタブレット用のOSです。

Androidのソースコードは公開されているため、誰でも自由に利用が可能です。

そのため、スマホやタブレットでなくMacやWindowsで使えるAndroidが複数リリースされています。

MacでAndroidを使う方法はいくつかありますが、M1 MacとIntel Macで異なります。

M1 Mac Android Studio
Intel Mac Android-x86
NoxPlayer
BlueStacks

この記事ではIntel Macで使えるAndroid-x86を紹介します。

AndroidをIntel MacやWindows PCのCPUであるx86向けに移植したのがAndroid-x86です。

Windows 11でAndroidアプリを動かすWindows Subsystem for Androidもx86版です。

Intel Macへのインストール

Parallels Desktopを入手し、起動します。

【25%OFF】Parallels Desktop 18 for Mac | MacでWindows 11が使える
12/5(月)までブラックフライデーセールで25%OFF

Parallels Deskopの「ファイル」-「新規」メニューを選択し、「インストールアシスタント」を表示します。

「無料システム」の「ダウンロードAndroid」を選択して「続行」をクリックします。

インストールアシスタント ダウンロード Android

インストールされるAndroidの制限事項を確認し、「ダウンロード」をクリックするとAndroidがダウンロードされ、Paralles Desktopの仮想マシンにインストールされます。

インストールアシスタント Android 9

Androidのセットアップ画面が表示されたら「日本語(日本語)」を選択して、「開始」をクリックします。

Androidの画面をクリックするとマウスカーソルがAndroid画面の外に出なくなります。

^ control + ⌥ optionを押すとカーソルをAndroid画面の外に出せます。

「コピーしない」をクリックします。

アプリとデータのコピー

Googleのアカウント名を入力して「次へ」をクリックします。

ログイン

Googleアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

パスワード

「同意する」をクリックします。

同意する

「次へ」をクリックします。

アカウントを追加しました。

「日本標準時」を選択し、必要なら時刻を調整して「次へ」をクリックします。

日付と時刻

「同意する」をクリックします。

Googleサービス

「後で行う」をクリックします。

タブレットの保護

「いいえ」をクリックします。

その他の設定項目

ホームアプリを選択します。

「Quickstep」はスマフォやタブレットのようなホームアプリ、「Taskbar」がパソコンのようなホームアプリです。

ここでは「Lancher3」を選択しました。

Quickstep Taskbar

Androidのホーム画面が表示されます(下図のホームアプリはTaskbarです)。

Android-x86

Androidに割り当てるメモリを増やす

デフォルトではAndroidに割り当てられるメモリが1GB(1024MB)のため、動作が緩慢です。

割り当てるメモリを増やすにはParallels Desktopの「処理」-「シャットダウン」メニューを選択してAndroidを終了します。

Parallels Desktopの設定画面で「ハードウェア」-「CPUおよびメモリ」を選択し、「メモリ」の値を3GB(3076MB)以上に増やします。

CPUおよびメモリ

コメント

  1. 38k より:

    大変ためになります。ありがとうございます。ただ,自分の環境ではAndroid上でのマウスカーソルの動きが爆速です。何か対処方法をご存知ですか?

タイトルとURLをコピーしました