Android-x86をMacで動かす

Mac OSとWindowsを同時に使うためにParallels Desktopを使っている人は多いかと思います。

そのParallels DesktopはAndroid x86も動かすことができます。

Android-x86とは

AndroidはGoogleが開発しているスマホやタブレット用のOSです。

Androidのソースコードは公開されているため、誰でも自由に利用が可能です。

そのAndroidをMacやPCのCPUであるx86向けに移植したのがAndroid-x86です。

Parallels Desktopとは

Parallels Desktopは主にMac OS上でWindows OSを動かすために使われる仮想化ソフトです。

しかし、Windows以外のOSも動かすことができます。

この記事ではParallels Desktopの仮想マシンにAndroid-x86をインストールします。

インストール

Android-x86のサイトからisoファイルをダウンロードします。

この記事ではAndroid 7.1の”android-x86-7.1-r2.iso”を使っています。

Parallels Deskopの「ファイル」-「新規」メニューを選択し、「インストールアシスタント」を表示します。

「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択して「続行」をクリックします。

インストールアシスタント

「イメージファイルをここにドラッグします」と表示されている場所にダウンロードしたisoファイルをFinderからドラッグします。

すると「OSを検出できません」と警告が表示されますが、無視して「続行」をクリックします。

インストールアシスタント

オペレーティングシステムとして「Android」を選択し、「OK」をクリックします。

イメージファイルの名前と場所を指定し、「インストール前に構成をカスタマイズする」にチェックして「作成」をクリックします。

お好みの構成にします。

この記事ではメモリを2GBに設定しています。

「続行」をクリックします。

Androidのインストール画面が表示されたら、カーソルキーで「Installation – Install Android-x86 to harddisk」を選択し、リターンキーを押します。

Cキーで「Create/Modify partitions」を選択し、「OK」。

GPTの使用は「NO」です。

「New」、「Primary」の順に選択して、プライマリーパーティションテーブルを作成します。

「Write」を選択して、パーティションテーブルをディスクに書き込みます。

「Quite」を選択して、終了します。

作成したパーティションと選択して「OK」。

パーティションを「ext4」でフォーマットします。

ブートローダーGRUBをインストールします。

systemディレクトリを書き込み可能にするため、「Yes」を選択します。

Android-x86がインストールが終わったら「Run Android-x86」を選択して「OK」。

Androidの言語を「日本語」に設定し、「使ってみる」をクリック。

Googleアカウントなどを入力し終わると、ホームアプリの選択画面になります。

「Launcher3」やスマホやタブレットと同様のホームアプリ、「Taskbar」はMacアプリのようにウインドウ表示されるホームアプリです。

ここでは「Lancher3」を選択しました。

これでAndroid-x86がインストールできました。

後はGoogle Playから好きなアプリをインストールします。

コメント