MacとWindowsでファイルを共有する

オンラインストレージ

hdd、接続できない、フォーマット、パスワード

MacでWindowsを使っているとMac OSとWindows OSとの間でファイルをやり取り(共有)する必要が出てくると思います。

MacとWindows間のファイル共有の方法はいくつかあります。

  • Boot Camp
  • 仮想化ソフトの共有フォルダ
  • 外付けストレージ
  • オンラインストレージ
スポンサーリンク

Boot Camp

Boot Campには書き込み可能な形でファイル共有する仕組みはありません。

読み出しアクセスもできない場合があります。

そのため、後述の外付けストレージやオンラインストレージを利用することになると思います。

Mac OSからWindows OSのファイルを読み出す

MacでFinderを起動すると左側に「BOOTCAMP」という名前のボリュームがマウントされています。

このボリュームがWindowsのCドライブのため、/Users/ユーザー名/Documents 等からファイルを読み出すことができます。

ただし、BOOTCAMPボリュームは読み出し専用のため、書き込みはできません。

また、WindowsがBitLockerによって暗号化されている場合、読み出しもできません。

Windows OSからMac OSのファイルを読み出す

MacがOS X 10.10未満の場合、Boot CampのWindowsでエクスプローラーを起動すると「Macintosh HD」というドライブがあります。

そのドライブを介してMac OSのファイルを読み出せます。

こちらも読み出し専用で書き込みはできません。

また、MacのストレージがFusion Driveの場合か、Mac OS X 10.10以降の場合はWindowsからは読み出しアクセスもできません。

仮想化アプリの共有フォルダ

ParallelsやVirtual Box等の仮想化アプリではMacとWindowsでファイルを共有するための共有フォルダを設定できます。

MacとWindowsの双方でファイルの読み書きが可能です。

VMware FusionとParallels Desktop
MacにWindowsをインストールして使いたい。 そのような場合、Macで公式にサポートされるBoot Campを使うのが一般的です...

外付けストレージ

MacにUSB HDDやUSBメモリなどの外付けストレージを接続すると、MacとWindowsのファイル共有に使えます。

通常、USB HDDやUSBメモリは「FAT32」でフォーマットされた状態で販売されています。

FAT32はMacでもWindowsでも読み書き可能なため、購入してすぐにMacとWindowsのファイル共有のために使うことができます。

4GB以上のファイルを共有する場合

FAT32には1ファイルのサイズが4GBまでという制限があります。

大きな動画ファイルなど、4GBを超えるファイルを扱う場合には外付けストレージを「exFAT」でフォーマットする必要があります。

exFATならファイルのサイズ制限はなく、MacでもWindowsでも読み書きできます。

MacでLaunchpad(ロケットのアイコン)から「その他」グループを開き、ディスクユーティリティを起動します。

左側の「外部」にある外付けストレージを選択し、「消去」を押下すると「xxxを消去しますか?」の画面が表示されます。

「フォーマット」で「exFAT」を選択し、「消去」を押下すればexFATでフォーマットされます。

外付けストレージ内のデータはすべて消去されますので注意が必要です。

exFAT

オンラインストレージ

MacとWindows間の共有手段としてオンラインストレージを使うのは簡単なだけでなく、データのバックアップにもなります。

下表はMacとWindowsとのデータ共有に使えるオンラインストレージです。

料金はすべて税込です。

DropBox
Plus
OneDrive
(Office 365 Solo)
Evernote
Premium
容量 1TB 1TB 無制限
ファイルサイズ制限 200MB
転送量制限 10GB/月
付加価値 マイクロソフトOffice Evernote
料金(最安値) 21,384円/3年
(594円/月換算)
12,744円/年
(1,062円/月換算)
15,600円/3年
(434円/月換算)

Dropbox Plus

オンラインストレージとしてはDropbox Plusが有名で3年版なら月あたり594円で1TBとコストパフォーマンスも一番高くなります。

OneDrive (Office 365 Solo)

Office 365 Soloなら以下のすべてが月あたり1,062円で使えます。

  • 1TBのOneDrive (オンラインストレージ)
  • Mac版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook、OneNote)
  • Windows版のマイクロソフトOffice (Excel、Word、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Publisher)
  • 毎月60分のSkypeクレジット

オンラインストレージとマイクロソフトOfficeの両方を使うなら、Office 365 Soloが圧倒的にお得です。

Evernote Premium

200MBを超えるファイルを共有しないなら、Evernoteをオンラインストレージとして使う手もあります。

Evernote Premiumならノートに200MBまでのファイルを添付できるためです。

EvernoteをMacで使う
Macに限らず、パソコンで仕事をしていると大量のファイルをどう整理するのか頭を悩ませることがよくありました。 Wordで作った1ページ...

EVERNOTEプレミアムパックの3年版だと容量無制限のオンラインストレージが月あたりわずか434円で使えることになります。

スポンサーリンク