MacとWindowsを簡単に切り換える

Boot Camp

MacでWindowsを使う最もお手軽な手段はBoot Campです。

しかし、Boot CampにはMacとWindows間の切り替えに時間がかかる問題があります。

スポンサーリンク

起動ディスクを変更する

起動ディスクを変更するのがBoot CampでもMacとWindowの一般的な切り替え方だと思います。

しばらくはWindows OSを使う、しばらくはMac OSを使う、ならいいのですがMacとWindowsを行き来きするためにこの方法は向きません。

Mac OSからWindows OSに切り替える

  1. 「システム環境設定」から「起動ディスク」を選択します。
  2. 「起動ディスク」の画面で「BOOTCAMP」を選択し、「再起動」を押下します。起動ディスク
  3. Mac OSが終了し、Windowsが起動します。

Windows OSからMac OSに切り替える

  1. WindowsのタスクバーにあるBoot Campアイコン(ひし形のアイコンです)をクリックします。
  2. メニューから「OS Xで再起動」を選択します。
  3. Windowsが終了し、Mac OSが起動します。

一時的にWindowsに切り替えてMacに戻る

普段はMac OSを使っていて、一時的にWindowsを使うような場合は起動ディスクは変更せず、以下の手順を使うと少しだけ時間が節約できます。

  1. Mac OSで再起動を実行します。
  2. 再起動が始まる前に「option」キーを押し、起動ディスクの選択画面が表示されるまで押し続けます。
  3. 起動ディスクの選択画面でWindowsを選択します。
  4. Windowsが起動します。
  5. Windowsでの作業が終わったら、「再起動」を実行します。
  6. Windowsが終了し、Mac OSが起動します。

YosemiteまではApple Scriptでできた

MacからWindowsに切り換えるためにMac OSを終了して、Macが起動したらoptionキーを押し続けて、Windows OSを撰択する・・・。

全然スマートじゃありませんね。

実はこの手順はYosemite (Mac OS X 10.10)までは以下のApple Scriptで自動化できていたのですが、El Capitan (OS X 10.11)でSIP(System Integrity Protection)が導入されたことで自動ではできなくなってしまいました。

Yosemiteまでならできる方法

まず、Windowsに切り換えるためのApple Scriptをメニューバーから実行出来るようにAppleSctiptエディタ.appを起動し、「AppleSctiptエディタ」-「環境設定」メニューを開いて、「メニューバーにスクリプトメニューを表示」にチェックします。

メニューバーにスクリプトメニューを表示

それでAppleSctiptエディタ.appで次のようなスクリプトを作成します。

スクリプト中にはMacの管理者パスワードを埋め込む必要があります。

do shell script "sudo bless --mount /Volumes/BOOTCAMP/ --legacy --setBoot --nextonly" password "管理者パスワード" with administrator privileges
tell application "Finder" to restart

AppleSctiptエディタ.appの「コンパイル」ボタンを押して、スクリプトエラーなくコンパイルできたら、”Windowsで再起動.scpt”みたいな名前でユーザスクリプトフォルダに保存します。

するとメニューバーのApple Scriptメニューに「Windowsで再起動」が追加されます。
Apple Scriptメニュー
これでメニューバーから「Windowsで再起動」を選ぶだけでMac OSが終了し、Windowsが起動します。

そして、Windows上で再起動を指示するとWindowsが終了してMac OSが起動します。

Boot Camp領域をMac上で動くようにする

根本的な解決方法はWindows OSとWindowsアプリがインストールされているBoot Camp領域をMac OS上で動作するように「変換」することです。

まるでMacアプリのようにWindows OSが動くようになります。

VMware Fusuion

変換してしまえばMacとWindowsの切り替え時間はゼロになります。

難しそうな話に聞こえるかもしれませんが、実際の作業はVMware Fusionというソフトがすべてやってくれます。

VMware Fusionを起動し、「Boot Campからインストール」を選択します。

Boot Campからインストール

あとは画面の指示に従って進めていくだけで、VMware FusionがBoot Camp領域からMac OS上で動作するファイル(仮想マシン)を作成してくれます。

Boot Campで使っていたWindows環境がMac OSで「まるでMacアプリのように」動くことが確認できたらBoot Camp領域は削除してしまってかまいません(上記の操作をしてもBoot Camp領域は削除されません)。

スポンサーリンク

コメント

  1. colgate より:

    初めまして。

    上記と同じことをしたいと思い、スクリプト・エディタにてスクリプトをコピペして、コンパイルしました。
    結果、以下のエラーが出てしまいます。
    基本的な問題なのかもしれませんが、対応方法をご存知でしたら教えてください。

    ここを訪れた他の人にもきっと役に立つと思います。

    error “Legacy mode not supported on this system” number 3

    そして、”–legacy”を外すと以下です。

    error “Could not set boot device property: 0xe00002bc” number 3

    Legacy modeを有効にする方法も分からず、setBootを外したら、そもそもスクリプトの意味がないだろうし。
    Googleで調べてみましたが、わかりませんでした。

    • 匿名 より:

      setBootに失敗するのはEl CapitanのSIPが原因ではないでしょうか?
      SIPを無効にすればいいのでは?

  2. colgate より:

    よろしくお願いします!

  3. 匿名 より:

    こちらのスクリプトを試させていただきましたが、スクリプトをメニューバーから使っても一度歯車のアイコンが表示された後何も起きません。アイコンも消えます。
    手順は、スクリプトエディタに上記のスクリプトをコピペし、パスワードをログインに使用しているものに変更(アカウントは一つのみです)。コンパイル後デスクトップに保存し、スクリプトフォルダを開くからユーザスクリプトフォルダを開いて保存しています。OSは以下の通りです。
    El Capitan10.11.5(15F34)
    MacBook Air (13-inch, Early 2015)
    もし何か対処法などご存知なら教えていただけたらと思います。