Macのウインドウ切り替えとアプリ切り替えのショートカット

ショートカット

MacとWindowsの両方を使っていると混乱するものの1つにウインドウ切り替えのショートカットとアプリ切り替えのショートカットがあります。

Windowsでのウインドウ切り換えとアプリ切り替えのショートカットに区別はなく、Alt + Tabでアプリとウインドウが切り替わります。

Alt + Tabを押していくと、複数のアプリのウインドウが次々に切り替わります。

スポンサーリンク

macではウインドウ切り替えとアプリ切り替えが別

ところがmacではアプリ切り替えのショートカット(command + tab)とウインドウ切り替えののショートカット(command + F1)が別になっています。

アプリのウインドウが1つであればcommand + tabでWindowsと同じ感覚で切り替えられるのですが、問題はアプリに複数のウインドウがある場合です。

目的のウインドウに切り換えるためにはまずcommand + tabで目的のアプリを切り替えてから、command + はF1で目的のウインドウに切り替えるという操作が必要になります。

HyperSwitch

ウインドウ切り替えのショートカットはコピー & ぺーストのショートカットの次くらいによく使います。

そのため、HyperSwitchというフリーソフトでWindowsのAlt + Tabのようにアプリ切り替えとウインドウ切り替えの区別なく切り替えられるようにしました。

HyperSwitch

Run HyperSwitch in the back ground

Macの起動時にHyperSwitchを自動的に起動します。

常にWindowsのAlt + Tabと同じ挙動にするためにチェックしました。

all windows:

複数のアプリの全てのウインドウをCommandキー + Tabで切り替えます。

ここをチェックするとWindowsのAlt + Tabと同じ挙動になります。

include windows from other spaces

別スペースにあるウインドウも切替対象に含めます。